あの夏の後悔シリーズver宮野 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2017年 8月 3日 あの夏の後悔シリーズver宮野

みなさんこんにちは!

早稲田大学3年 宮野瑛莉果です!

毎日暑い日が続いていますが、

体調を崩していませんか?

熱中症になってしまったり、冷房病になってしまったり…

夏だからこそ体調を崩してしまうこともあります。

体調管理も必要不可欠!

気を付けて過ごしましょう☆

 

恒例の

“あの夏の後悔シリーズ”

 

素直に伝えます。

 

わたしはあの夏、

後悔をしていることは、

1つもありません。

 

たしかに、完璧ではないです。

でも自信をもって

誰よりも努力したと言えました。

これだけ自信がなければ

不安なく第一志望校の会場

になんていけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私と同じように

受験生のあの夏、

1つも後悔していない

担任助手がいます。

その担任助手がブログで

なぜ後悔なく夏を過ごせたのか秘訣

話してくれます。

なので、

私からは以前担当していたある生徒の

あの夏の後悔を紹介したいと思います。

 

ある早稲田志望の男の子、

第一志望校合格を逃しました。

1年以上勉強していて、

夏も毎日登校してずっと勉強して、

過去問もしっかりやりきっていて、

先輩得点も超えていて。

 

でもその男の子が合否がすべて出たあとに

こんなことを話してくれました。

 

「夏休み毎日あと1時間ずつ

勉強していれば

早稲田に合格したと思う。」

 

その男の子は毎日8時登校して

閉館までいました。

やるべき学習をこなし

成績を着実に伸ばした男の子であるのに、

朝7時登校しなかったことに対して

「あの1時間さえ無駄にしなければ

第一志望校に合格したかもしれない」

と後悔していました。

たった1時間。

だけどその1時間が確保できなかったため

第一志望校合格を逃したのです。

 

1つでも後悔があるとき

それがどんなにちっぽけなことでも

きっといままでに味わったことがない

くやしさを感じます。

その後悔した原因さえなければ

合格したかもしれないからです。

 

一瞬でも少しでも

甘え・妥協があるなら

 

それに気づいているなら

変える必要があります。

 

それを変えずに

第一志望校に合格しようなんて

大学受験を軽視しすぎです。

 

“あの夏の後悔シリーズ”を

しっかり読んで

自信をもって受験に挑める人に

なりましょう!!!

勉強方法がわからなくなった時

不安になった時

いつでも相談に乗るので

聞いてください☺☺

 

次のブログは、

 

 

 

古川担任助手!

どんな話をしてくれるのか

お楽しみに!!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

市川駅前校 担任助手 宮野瑛莉果