モノマネをしよう! | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2017年 11月 17日 モノマネをしよう!

 

こんにちは!

早稲田大学教育学部に通う古川です!

古川はラーメンが大好きです。

先日そんな古川にとってつらい出来事が起きました…。

とってもおいしくて大好きなラーメン屋が一時的に閉店したのです…。

営業最終日は行くしかない、と思い行ってきたところ安定のおいしさ…。

しばらくこの味は堪能できないのかと思いながらスープを飲み干しました。

来年の4月に営業を再開するそうなので再開したらその日に行くつもりです(^^

あぁ、待ちきれない…

 

 

さて今回はあらゆる物事において上達するためには、といった話をしていきたいと思います。

 

「そんなの努力あるのみじゃん」って思う人もいるかと思います。

もちろん努力も必要ですがただ努力をするだけじゃダメな場合があります。

 

私が一番大事だと思うのが、真似することです。(ちなみに古川は人のモノマネをするのが上手いです。)

もっと正確に言うと真似をして自分がなりたい姿を理解していることです。

 

問題演習について例を出してみましょう。

1回目にさっぱりわからない問題があったとします。

その問題は放置したら演習した意味がないのでもちろん復習します。(ここまではみんなやっていると思います。)

 

古川がおすすめするのは2回目解く直前に解説を熟読してから2回目に挑むことです。

え、そしたら取れるに決まってるじゃん!」と思う人もいると思いますが

解説見て理解していてもいざ自分で答案を作成すると案外疑問が生まれるものです。

ここで自分はどこを理解していないかを知ることができます。

 

また2回目解く上では解けるか否かよりも自分が試験の時にどういう発想をできれば解けるかを理解していることの方が大事です。

真似をしてでもその問題を完璧に解けたら

「あ、難しい問題解くにはこういった発想に至らなければいけないんだ~」

「この発想に至るだけの頭があれば解けるのか!」

と実感するわけです。

入試本番で答えに至る発想と同じ発想に至るためには、日頃から解説の発想に寄せた考えを持てばよいのです。

 

解法暗記しろなんて言っているわけではありません。

解法暗記はただその問題が解けるようになるだけで同じ問題がでない限り意味を成しません。

毎回の問題で解説の発想を理解し応用することができればどんどん思考力はついてきます。

 

 

先ほどは勉強を例に出しましたがこれは様々なことについて言えることです。

勉強法だってまねることは大事ですし、部活において上達するためにも上手い人の真似をすることはとても大事です。

面白くなりたいなら面白い人の真似をすればいいのです。

上達している状態を理解したらあとは努力あるのみです。 

 

私も先日の大岩先生の公開授業に参加して為になることいっぱい教わったので真似できることは真似してみよう、と思います。

 

 

自分で考えるだけでは限界があります。

ですから視野を広げて色々なものから色々なものを吸収し上達しましょう!

 

 

明日のブログは竹田担任助手です。

 

 

 

 

お楽しみに~♪

 

 

★☆★冬期特別招待講習実施中!★☆★

 

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***

 

 

市川駅前校 担任助手 古川恭平