ラストスパートの意味 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 1月 18日 ラストスパートの意味

こんにちは!

法政大学情報科学部3年の保坂です。

 

センター試験も終わり、受験生は受験も終盤戦に差し掛かってきましたね。

受験まであと1か月という時期になると、

いよいよラストスパートという思いが強くなります。

でも、ラストスパートという意味をはき違えていませんか?

マラソンなら最後の力を振り絞って…ということですが、

受験勉強でのラストスパートとは、

これまで走ってきた道に落とし物をしていないかを確認し、

気持ちよく試験本番で走れるようにしておくことです。

つまり、最後の見直しの時期です。


これまで

「なんだ、こうやって解けばいいんだ」

「あっそうか、うっかり忘れてた」

など、「~すればよかったんだ」と分かっておきながら、ほったらかしの部分があると思います。

このようなところを、問題集や過去問から洗い出し、

もう一度解き直すという勉強を必ずしてください。



(だれも解けないような)難しい問題ができなくて落ちたという人はほとんどいません。

逆に、(みんなができるような)標準的な問題でミスをして落ちたという人はたくさんいます。

標準問題をじっくり復習し、「確実に解ける」というパターンを増やしていくことこそ、合格への近道なのです。

とはいえ、過去問を解いていると、どうしても難しい問題が気になってしまいます。

もちろん、難しい問題が解けて逆転ホームランという生徒もわずかながらいますが、

受験勉強のラストスパートにホームランを打つ(難問を解く)練習はあまり感心できません。

がむしゃらに教科書、参考書を読みまくってください。問題集、過去問を解きまくってください!

復習するときは、

  1. 復習は合格への近道である
  2. 復習は楽しくない
  3. 復習の自己採点は厳しく

の3つを意識しましょう!

 

受験まで残り1ヶ月。

総仕上げという意味での「ラストスパート」を走り抜けて、

受験を成功させましょう!!

 

 

あしたのブログは鈴木担任助手です!

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

 

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***

市川駅前校 担任助手 保坂和久