何をしたいか・・ | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2017年 2月 14日 何をしたいか・・



こんにちは!

成蹊大学理工学部1年の野田です!

受験生の中にはすでに入試を終えていたり、まだまだこれからが本番という人もいると思います。

ですが!

大学合格というのは、あくまで「中間地点」です!

皆さんのゴールというのは「夢」を実現することだと思います。

そのため、今立ち止まってるようでは「夢」へはなかなか近づきませんよ!

まずは、その「中間地点」まで走ってください!

ですが!

しっかりとゴールである「夢」を忘れないでください!

なので、前回の丸山担任助手のブログに引き続き今回は私「夢」について書いていこうと思います。

まだ夢が明確に決まっていない方も読んでみてください。

 

私の夢は「プログラマー」です。

プログラマーといっても様々な分野があります。

中でも私の興味がある分野は、「VR , AR , MR」といった分野のプログラムを組むことです。

「VR」とかは最近よく聞くけど、「AR」「MR」って?

という人がほとんどだと思います。「

なので、少しこの3つについて紹介したいと思います。

 

(注:すごく大雑把な説明になってるかおしれません。)

 

①VR ( Virtual Reality ) :仮想現実



VRはテレビで紹介とかあったり、電気用品店に行けば体験できたり、簡単に買って家で楽しんだりと

私たちの生活の中ですごく身近なものになってきています。

実際、私もすごく簡易的なものは持っています(笑)

VRというのは、仮想の空間にいるかのように視覚情報を送り、普段ではありえない経験などができたりします。

現在は視覚・聴覚の情報だけですが将来的には仮想空間へのフルダイブなんかもできるかもしれません!

 

②AR ( Augmented Reality ) :拡張現実



ARは最近のではポケ〇ンGOなどがわかりやすい例だと思います。

簡単に説明すると、デバイス経由で現実世界に情報を映し出したりするものだと考えてください。

ではARの技術が発展するとどうなると思いますか?

私の考えられるものだと、スマホとかの概念が大きく変わってなくなっていると思います。

それぐらい、このAR技術は私たちの生活を大きく変える技術になってくるものです。

 

③MR ( Mixed Reality ) :複合現実



MR ( 複合現実 ) はほとんどの人がまだ体験したことがないと思います。

皆さんはSF映画とかで生活空間の中にいきなり操作するパネルや画面(実体はない)が映し出されている、

というような場面を見たことがあると思います?

簡単に表現すると、身に何もつけていなくともその空間に映像などを映し出したりできるような技術です。

この技術が発展したらどういうことができるようになると思いますか?

SF映画のようなことができる、自分の伝えたいものが誰にでもすぐ見れるなど多くのことがあると思います。

 

これらの技術はまだまだ発展して、私たちの生活を一変すると思います。

そのため、私はこれらの技術のプログラムを組むことで

まだないモノや、より良いモノを作っていきたいと思っています。

 

以上が私の「夢」でしたが、これは大学に入ってからやりたいと思ったことです!

きっと夢は決まっていても「何」がしたいまで決まってる人は少ないと思います。

大学ではそういった気づきをたくさん得られることができます!

大切なのは

何になりたいかではなく、それで何をしたいか

 

市川駅前校 担任助手 野田陽太

少しでもあなたのスタートダッシュのお手伝いをさせてください☆

  ***各種申込は以下のバナーをクリック!*** ★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★ ★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★ ★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★ ★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★ ★☆★受験しただけで終わらせず、「学力を伸ばす模試」を受験!★☆★ ★☆★東進生の生の声を聞こう!★☆★

過去の記事