勉強量を確保すること | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2017年 10月 5日 勉強量を確保すること

全統まで25日

 

こんにちは!

市川駅前校担任助手2年の杉原です。

10月が始まり少し肌寒くなってきましたね。

体調を崩しやすい時期なので、体調管理にはくれぐれも注意してくださいね。

 

さてさて本日のブログですが…

最近よく

「やることが多すぎて何からやっていいかわかりません」

「計画を立てても計画倒れしてしまいます」

という相談を受けます。

 

受講過去問問題集に…

単語帳も英語と古文とそれに一問一答も…

たしかに多いですね。

それに10月11月は模試が多くなってくることもあって土日が使えない…

なんてこともあって…

 

あああ気づいたら何もできる気がしない!

こんな風に思っている受験生は他にもいるのではないかと思います。

 

その対処法とまでいくかはわかりませんが

少しでも前向きになってくれればという思いも込めてブログを書きます。

 

少し個人的な見解も入ってはしまいますが

大切なのは

①極力ツールは絞ってそれを何周もすることで完璧な状態を作ること

で管理すべきか時間で管理すべきかを区別すること

③本人の気持ちの強さ

この3つかなと思っています。

 

以下に詳しく説明していきますね。

順番が逆になってしまいますがまず②について。

量で管理することと時間で管理すること、どちらもノルマがあることには変わりはありません。

1日の勉強時間の中で、

○ページ進んだらノルマ達成

のものと

○時間その勉強に時間を当てられたらノルマ達成

この二つに分けてみるといいということです。

 

おすすめは

単純作業で1つに手間がかかりすぎないもの(単語帳や一問一答などの暗記系)時間管理

どちらかというとじっくり考えることを必要とするもの(過去問、受講、問題集)量で管理

というところです。

 

理由としては、単純作業のものというのは

かけた時間に比例して知識を得られるものが多いですよね。

だから、時間さえあれば問題がないんです。

しかし、じっくり考える必要があるものは、

問題が難しいと

「時間がなくて1題しかできなかった…」というように、

勉強時間は取ったのに勉強量が伴わない、力に結びつかない、という事態を招きやすいんです。

 

1番避けたいのは、

時間をかけるべきものに時間がかけられないこと

まとまった時間が取れないこと

上で述べた事態につながってしまうことなんですね。

 

なので、その優先順位という面で、時間をかけるべきものほど量で管理をしたほうが

確実に進めることができるということです。

それに単語帳とかだったら、寝る前などでもいくらでもあがけますよね。笑

 

とは言え、時間をかけるべきものがあまりに多すぎたら

そりゃ終わらないんですよ。

それによくあることなのですが

参考書に載ってる問題というのは

だいたいどれをとってもざっくりとは同じです。

(どの問題も受験で出やすいものなので)

もちろんレベルの差はありますが

同じようなレベルのものをいくつもやる必要はないんですね。

だから①で述べたように、極力絞ったほうが絶対にいいです。

 

1つを極めて、違う形式にも対応していくような感じで、

1回理解して、過去問を解きながらできない分野や紛らわしい分野を見つけて、その補強をして…

その繰り返しをすることでかなり定着します。

 

イメージ的には、1周目で木の幹を作って

2周目で枝分かれを増やしていって

3週目以降で葉っぱを増やしていくというイメージですね。

 

細い枝が何本もあるのと、葉の生い茂った大木が1本あるのとだったらどちらが強靭ですか?

自分の自信としても後者のほうが安心できると思います。

 

長々と話しましたが…

あとは③自分の気持ちの強さです。

簡単に言うと「不安と上手に付き合う」ということです。

不安というのは自分がその環境から離れない限りは、

離れようとしても離れないものです。

例えば、部活の部長をやっていた人は、

部活がない時間でも、「練習メニューどうしよう」とか「自分は部長だからみんなの前ではできて当たり前、こっそり自主練しなきゃ」とか

何かしらのマイナスな感情はついてくるものだったと思います。

 

そんなときに「不安をなくそう」と考えるのではなく、

「不安は自分を成長させてくれるエネルギー源だ」

そう思えたらいいんじゃないかなと思います。

なくそうなくそう、と思うと余計不安は募るので、

この重荷があるから自分は勉強に真剣に取り組めるんだ、

だったら不安はあってもいいから

もっとよりいっそう一生懸命勉強しよう。

そう思うことが出来たら

気づいたら周りの人なんか気にならなくなるくらい

ひたむきに勉強できると思います。

 

相談はいくらでも担任助手が聞きます。

だから、不安を抱え込むことはしないでください。

でも、不安と戦えるくらい強気で毎日過ごしてください。

 

春に生徒全員笑顔が見られますように!

 

一緒に頑張りましょう!

 

明日のブログは宮野担任助手です!お楽しみに!

 

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

市川駅前校 担任助手 杉原里実