受験生としての一年間 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 2月 18日 受験生としての一年間

こんにちは!

法政大学社会学部に通う田ノ上です。

 

最近は昼間はコートがなくても過ごせる日があったり、日が伸びたりと

少しずつに近づいている感じがしていいですね!

 

春といえば1,2年生は進級の時期でもありますが、

今の学年を振り返ってみてやり残したことはありませんか?

もし何かやり残したことがあればこの2,3月中にやり切ってしまいましょう!

 

 

さて、そんな進級の時期にあって

2年生は3年生に、受験生になっていくわけですが

そんな皆さんは

入試までの1年間を自分はどう過ごし、どのように勉強を進めていけばいいか、

想像することができますか?

 

2月にもなれば、既に受験勉強をスタートしている人もたくさんいると思います。

しかし今やっている勉強は受験勉強のすべてではありません。

後々やることは増えていきます。変わっていきます。

 

何言ってんだ?となりそうなので詳しく説明していきます。

 

 

受験勉強はざっくり分けると

知識を覚え、蓄えていくインプットの勉強と、

覚えた知識を使いこなせるようにするためのアウトプットの勉強に分けられます。

 

例えば、英単語や古典文法、世界史の用語を覚えていく勉強は「インプット」にあたります。

一方の「アウトプット」は過去問演習が主なものになります。

 

つまり、今頑張っている高速基礎マスターや受講はインプットの勉強ということになります。

ただ、もうひとつのアウトプットの勉強はまだやっていないですよね。

このアウトプットの勉強が

先ほど書いた”後々増える”の部分にあたるわけです。

 

 

では、その増える分の「アウトプット」はいつ始めるのか、

という話になりますが、

杉原担任助手の「計画性」(←まだ読んでいない人はここをクリック!)

のときにも出てきたこのカレンダーを見たとき、

センター過去問演習が5月からになっています。

9月からは志望校別の過去問演習も続いていますね。

 

このカレンダーによれば2か月半後には過去問演習が始まっていくことになります。

言い換えれば、

今の高速基礎マスターや受講”だけ”をやっていられる期間はあと2か月半しかない、

ということになります。

(もちろん、高速基礎マスターは1年間ずっとやり続けるものですが!)

 

合格の可能性を引き上げるためには

上のカレンダーにのっとって進めていくことが重要ですが、

それには3月中にインプットの勉強を大方終わらせて、

4月には抜けている部分を埋めていく、

ということをしていく必要があります。

 

今の皆さんは3月、4月でインプットを終わらせることが出来そうですか?

言い換えるなら、

4/1の修了式には参加できそうですか?

 

当たり前ですが

合格から逆算したときこの修了式は超重要な意味をもちます。

 

ただ機械的に受講と高速基礎マスターを終わらせよう、という気持ちで取り組むのではなく、

入試までの1年間の見通しを知り、

今の時期の重要性をしっかり納得した上で修了式を目指していければ、

効率の部分も変わってくると思います。

 

ぜひ

「修了式は自分が第一志望に合格するために必要なものだ」

という意識でもって、

修了式参加を目指して頑張っていきましょう!

 

明日のブログは宮野担任助手!

お楽しみに!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***

市川駅前校 担任助手 田ノ上慧吾

過去の記事