睡眠も超重要 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2017年 10月 7日 睡眠も超重要

全統まで23日!

こんにちは!

担任助手2年の田ノ上です。

最近暑さなんてものがどこかにいって涼しくなりましたね。

朝起きたら寒さを感じることもあって、だんだんと布団から離れ難くなってきていますが、

今回は朝起きづらくなってくるこの時期ということもあって

睡眠について書いていこうと思います。

 

皆さんの中にはセンターまでの残り日数が二桁になって急に焦り始めた人もいるのではないでしょうか。

自分も受験生時代のこの時期は焦りを感じていましたし、最近担当の生徒と面談をしていてもこの言葉は出てきます。

受験生なら遅かれ早かれどこかで感じるだろうこの焦りですが、こいつはなかなか厄介…

この焦りというものは緩んでいた気を引き締め直してくれるというポジティブなことがある反面、

「焦ってたくさん勉強しようとしたために睡眠時間を削ってしまった」

とか、

「 強いストレスのせいで夜寝られなくなってしまった」、と

かネガティブなことも引き連れてきます。

これらは自分の体調面に直接悪い影響を及ぼして、結果的に勉強にも支障をきたしてしまいます。

それじゃ焦って勉強を頑張っているのにに本末転倒ですよね。

 

そうならないようにしたいところですが、焦るなというのはこの時期の受験生には無理な話、

そこで見直すべきは日頃の睡眠と生活習慣になってきます。

 

 

さて、睡眠を見直すといったとき2つのことを考えていく必要があります。

ひとつは、睡眠の妨げになっている習慣を見直すこと

もうひとつは、良い睡眠をするための習慣を取り入れることです。

これらは片方だけではなく2つ揃って効果を発揮します。

 

それぞれを具体的に見ていきます。

 

妨げになる習慣には

さっき少し触れた「夜遅い時間までの勉強」はもちろん、

それ以外にも「夕方以降のカフェイン摂取」や、「寝る前に見るテレビやスマホのブルーライト」などなど、、

これらは夜の睡眠の質を落とす習慣です。

 

一方の、取り入れたい良い習慣には

「寝る時間と起きる時間を毎日一定にする」

「起きたときに朝日を浴びる」などがあり、

これらは乱れてしまった体内時計を整えると言われていて、その体内時計が良い生活習慣へと繋がります。

 

これらの睡眠の妨げになる習慣をやめて良い習慣を取り入れることで、

質の高い睡眠を確保できます!

 

また、しっかりとした睡眠を確保することは体調が整って日中すっきりした状態が続くので、クリアな頭で勉強の質を上げるだけでなく(昨日のブログで言うところの)行動に移す、時間的なチャンスも増えますよね。

 

こうなってくれば睡眠時間確保のために多少勉強時間が削れても、同等、あるいはそれ以上のものも無理なく出来ると思います。

 

この時期は勉強そのものだけに目が行きがちですが、少し生活の方も気にして体調に無理なく頑張れるといいですね!

 

明日のブログは須田担任助手です!

明日もお楽しみに!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

市川駅前校 担任助手 田ノ上慧吾