【新担任助手紹介】池田 周登 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 4月 22日 【新担任助手紹介】池田 周登

こんにちは!

埼玉大学教育学部学校教育教員養成課程小学校コース理系池田周登です!

担任助手になり、初ブログなので自己紹介をさせていただきます。

出身高校は千代田区にある私立東洋高校です。杉尾担任助手とは1年、福田担任助手とは2.3年で同じクラスでした笑

どんなことでも全力で楽しみたい性格で学校の行事に積極的に取り組み、3年の体育祭では応援団長をさせていただきました!

また、部活動は中学校からバスケットボール部に所属し、高校では副部長も務めさせていただきました。

バスケットボールは個々の力ももちろんですが、チームワークが必要なスポーツで、仲間の大切さを知りました。最初は、少しでも背が伸びるかな、なんてとても軽い理由で始めましたが、部活動を通してたくさんのことを教わりました。(残念ながら背は伸びなかったですが、、笑)

 

さて、私の受験についてお話しさせていただきます。

私は公立高校受験の失敗から絶対に国立大学に合格しようと考えていました。

国立志望ということは私大よりも受験科目が多くなります。より早いうちに受験を意識することが必要です。

私は部活動でなかなか勉強時間が確保できない1.2年生のうちに得意科目を伸ばすことで3年生の多くの時間を苦手克服(特に英語)に努めました。

東進に入塾したのは、3年の7月と非常に遅いですが、開館時間から閉館時間まで東進に通うことで苦手な英語と向き合うことができました。

 

自分の苦手と向き合うのはとても辛い時間です。しかし、自分の受験生活を振り返ってみると嫌な時間ではありませんでした。

なぜかというと、周りの人が自分のことを支えてくれていたからです。

辛いときは親や友達がそばにいてくれました。やる気が出ないときも東進に来れば担任、担任助手のみなさんや共に勉強している仲間がいました。

結果として、私大受験もいい結果で終えることができ、第一志望ではないものの、元々希望していた国立の大学に進学することができました。

 

これからの受験生に伝えたいことはただ一つ「みなさんは一人じゃない」ということです。

「受験は団体戦」とはよく聞く言葉ですが、私はあんまり信じていませんでした。しかし、今ならその言葉の意味が分かります。

特に今のご時世、学校も塾も行けず一人で戦っているような気分になると思いますが、共に戦っている仲間、応援している人たちのことを忘れないでください。

私も担任助手としてみなさんのことを全力で応援していきます!!

明日のブログは白石担任助手です。楽しみですね!!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


 

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 池田周登