こだわりを持つこと | 東進ハイスクール 市川駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2021年 9月 16日 こだわりを持つこと

こんにちは!國學院大學経済学部経営学科2年の白石ゆり子です!

いきなりですが共通テストまで昨日でちょうど4カ月前、だんだん受験本番がちかづいていきましたね。受験に合格するためには何が必要だと思いますか?知識?計算力?暗記力?根性?どれも大切な要素ですが、私が受験生のころ、第一志望に合格するために、本気で大真面目に考えていたことが一つあります。それは、「徳を積む」という事です。修行とか、なにか特定の物しか食べないとかそんな大げさな事ではありません、、笑

本気で合格したかった私は神様はどっかでみてる!!と自分に言い聞かせて、毎日使った東進のトイレの手を洗う水道の周りの濡れたところをすべてピカピカにしていました。今考えると必死すぎて笑えてきますが、皆さんも何か一つすがるものを見つけて、ルーティーンのようにしてみると意外と心が落ち着いたり、何かいいことがあったりするかもしれません笑。。ぜひ何か見つけて実践してみて下さい。

と、生産性のない話をしてしまいましたが、本題に入っていきたいと思います。

皆さんは、現在、「他人に絶対に負けない何か」をもっていますか?

別に、日本史の知識!計算力!英単語の数は誰にも負けん!!なんてそんなことじゃなくていいんです。日々の受験生活の中で、他人には絶対に譲れないものがありますか?第一志望にこだわって勉強できているでしょうか?

というのも、今日私がこの話をしようと思ったのは、昨日の鈴木担任助手のブログで何故か私が、「ストイック魔人」と人生で一度も呼ばれたことのないキャッチフレーズで紹介されていたところからでした。もちろん、私は自分のことをストイックだなんて思ったことはないですし、そんなに立派な大学生活を送っているわけではありません。しかし、思い返してみると、受験勉強だけは誰よりもこだわってやっていた自信があります。

これは受験期の私の部屋の壁です。私は最後までセンター試験の日本史が苦手だったので、受講のノートをコピーして壁にはり毎日寝る前に目をつむりながら、出来事の流れを上から丸暗記して音読をしていました。

とてつもなく負けず嫌いだった私の場合、

・毎日継続して日本史のノート丸暗記音読をする事

・勉強量だけは誰にも負けないこと

・東進にいる同じ志望校の人の中で誰よりも過去問演習をして傾向を知り尽くすこと

が受験期の自分のモチベーションであり、最大の心の支えになったと思っています。

 

・勉強時間だけは絶対に校舎にいる同じ志望校の人に負けないぞ。

・一問一答のテキストを誰よりもぼろぼろにしてやる。

・校舎で一番最後まで残って勉強しよう。

・過去問分析の数ならだれにも負けない!

のように、小さなことでも何か一つでも自分がこだわるポイントを作って、その部分だけは絶対に誰にも負けないこと。最後まで貫き続ける軸ができれば本番が近づいても自分の支えとして、大きな軸として不安な気持ちを抑える事ができると思います。

最後は気持ちの勝負です。驕った人や気持ちの弱い人、意思が明確でない人は落ちますし、最後まで地道に努力し続けた人、気持ちを強く持つことができた人はきっと合格に近づくでしょう。

本番まであと4カ月。気持ちを強く持ち、誰にも負けない何かをもって引き続き受験勉強を頑張りましょう!!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***



市川駅前校 担任助手 白石ゆり子