でも・・・皆「何か」に背中を押されて地獄に足を突っ込むんだ | 東進ハイスクール 市川駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 5月 3日 でも・・・皆「何か」に背中を押されて地獄に足を突っ込むんだ

 

我らが東進ハイスクールでは志作文コンクールが始まりました。1,2年の諸氏は自分を見つめ直し将来を考えているでしょう。受験生の皆さんもこの機会に自分の勉強の先に何があるのかを考えてみましょう。
以下自分語り
私の小学生の頃の夢は下科医でした。
なんやねん下科医って
外科医の誤字ですね。小学生らしくてかわいらしい。でも漢字を間違えるくらいには興味がなかったんですね。たぶん書かされたんだと思います。でも少しくらい理由があります。両親が薬剤師で、その頃ブラックジャックを読んでいたからですね。
皆さんも一回くらい夢を聞かれたことや書かされたことあるんじゃないでしょうか。その時なんとなく答えた夢にも少しの理由があったはずです。その少しの理由を突き詰めてみましょう。そうすると今の自分がどんな理由でどんな夢を持っているのか考えやすくなります。親は薬剤師なのになぜ外科医なんだろう、ブラックジャックの何に惹かれたんだろう。自分の中では答えが出て、外科医という夢は少し違うんじゃないかと思っています。自分で自分の根底を見つめなおしてみましょう。
次に志です。これは行動についてきます。夢の先にあるものです。某進撃の巨人さんも言っています、「自分で自分の背中を押した奴の見る地獄は別だ、地獄の先にある何かを見ている。」その先にあるものを見据えているからこそ人は前に進めるのです。

何のために今自分が勉強しているのか少し立ち止まってでも考えた方がいい時もあります。精神がスタンドを形作るのだ…

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

 

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***



市川駅前校 担任助手 中川眞太郎