大学生はなんでもできるが、、、 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2021年 3月 14日 大学生はなんでもできるが、、、

 

こんにちは!

國學院大學法学部政治専攻の佐々布武志です!

3/14(日)のブログを担当させていただきます。

先日、2020年度後期の大学の成績が帰ってきました。

コロナ禍でオンライン授業を強いられた2020年。

私は大学に行けないストレスから前期は満足のいく成績が取れなく、

後期が本当に勝負でした。(笑)

結果は、、、大勝利!

穏やかな心で春休みを送ることができています(^▽^)/

 

前置きはここらへんにしといて

本日のブログでは、

「大学生はなんでもできるが、、、」というタイトルでブログを書かせていただきます!

4月から大学生になる高校3年生の皆さん、

これからの大学生活の参考になれば幸いですので、

是非最後までご覧ください!

 

まずは皆さんにお聞きします。

大学生ってなにをしているイメージですか?

・勉強

・サークル

・部活

・アルバイト

・遊び

・旅行

・趣味

・運転免許の取得

などなど、大学生はいろんなことが出来そうですよね。

ずばり、間違いありません。

大学生には多くの時間があり、その時間を好きに使うことが出来るのです!

それではどのくらいの時間があるのか。

一般的に日本の公立高校の1年間における休みの期間は、

130日と言われています。

それに対し大学生はなんと、、、、

200日

感覚でいうと、夏休みが後2回プラスされる感じです。

「いや、大学生休みすぎだろ!」と思うかもしれません。

そんな長い休みがあるなか、大学生は果たしてなにをしているのか。

佐々布なりに大学生の時間の使い方として大切だなと思う事は、

「自分が幸せで成長できることに時間を使う」ことかなと思います。

これは果たして何を言っているのか。

大学生も人間であって、人によって好きな環境、事があります。

・資格の勉強を頑張りたい人

・サークル、部活で積極的に活動したい人

・アルバイトを思いっきり頑張りたい人

などなど、多くの時間をどれに使うかは人それぞれです。

ただし、大きな注意点があります。

「1つは絶対に自分が成長できる環境を持つ」ことです。

これは自分的に様々な大学生を見ていて思う事で、

アルバイトでお金を稼ぐだけの生活や、

毎日遊んでばかりいる生活をしている大学生はなかなか多いです。

大学生は本当に自由なため、その時間を有効に使えていない人がほとんどだと思います。

ちなみに佐々布はその一つを担任助手としての仕事に設定しています。

もちろん、多くの時間がある大学生だからこそできることではありますが、

密度の低い時間の使い方では、大学生活はあっという間に終わってしまいます。

 

限りある大学生活、

「自分が幸せで成長できることに時間を使う」ことを意識してみては!

 

本日もブログを読んでくださりありがとうございました!

明日のブログは岩瀬担任助手です!

お楽しみに!

 

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 佐々布武志

 

最新記事一覧

過去の記事