修了式が終わったら | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 6月 17日 修了式が終わったら

こんにちは!

青山学院大学経営学部経営学科3年の川森大輝です!

 

最近は、大学のオンライン授業を受けてばっかりいるのですが大学3年生になると各授業それぞれが専門性があがってくるんですよね。これまでの大学生活の中での学んできたことを大いに生かしていける授業スタイルになっているうえに、知らないことそして知りたかったことを学ぶことができていて本当に通ってきていてよかったなと思います。みなさんも、学びたいことが学べる大学選びをしっかりとして、受験勉強を本当に本当に頑張って、第一志望校の合格をつかみ取ってほしいと心から思います。

頑張っていきましょう!

さて、受験生のみなさんは修了式を昨日迎えましたよね。

この修了式にでるためにかなりガンバった生徒は多いのではないでしょうか?修了式条件はけっこう厳しかったと思います。量も多いし、基礎基本の徹底もしなくてはいけないしと様々大変でしたよね。しかしながら、この大変さを味わうことで成長する枠も広がるのではないでしょうか?

人間は常に負荷をかけられたりかけたえいしなくては一切の成長をすることができません。なにも負荷がなければただただ寝たきりでも生きていけますからね。ある意味成長に必要なものは筋肉痛のようなものです。負荷を乗り越えてこその成長です。

この修了式条件を達成できた生徒は非常に素晴らしいことなんだと思います。負荷を乗り越えることができたということです。反対にできなかった生徒は大きく変われるチャンスをミスミス逃してしまったということになりますよね。

リベンジ修了式までにできることを再確認して、もう一度整理をして条件の達成を目指しましょう!絶対に成長できるからこそ今しっかり頑張っていきましょう!

では、みなさんは修了式が終わった後のビジョンは描けているのでしょうか?

修了式条件を達成するため、受講をたくさん受けてきたなど、修了式前にはやることが明確にわかっていたと思います。しかしながら、今後についてなにをしたらいいのかは明確な基準はそれぞれみなさんで考えなくてはいけません。

そこで、今後どうしていくかの視点がしっかりと持てるのかが大切です。修了式前に夏休みの計画をしっかりと立てていたと思います。その中身をしっかりと読み直し、書き直し、精査を重ねていってください。

常に成長した自分と向き合うことになると長期的な計画は瓦解していくことになるはずです。前に作った予定表よりも多く、もしくは質が高く、もしくは両方の面で成長している計画を作成できるように頑張っていきましょう!

 

今日もブログを読んでいただきありがとうございました!

明日のブログは

伊藤担任助手です!

お楽しみに!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


 

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 川森大輝

最新記事一覧

過去の記事