受験当日の教訓 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 11月 10日 受験当日の教訓

こんにちは!

明治大学農学部農学科3年の伊藤誠人です!

 

 

<受験当日の体験談>

私の受験は3年前のことで鮮明に覚えているわけではありませんが、話していこうかと思います!

 

1つ目は、

試験本番の1つの科目の良し悪しを感覚で捉えすぎるな

ということです。

共通テストを受けたことがないみなさんはまだわからない部分が多々あるかと思います。

また、東進の共通テスト模試は1日すべての科目を受験することになり、複数の受験日を経験することが少ないです。

どれだけ1科目の試験が失敗していると感じていても、

まだ誰も採点していないし、次の科目が待っているわけです。

それを感覚だけで良し悪しを捉えることは、

その日の集中力を低下させる原因になります。

私もセンター試験の際に、同じ過ちを行い、

思うような結果がでない時もありました。

結果が分かるのは点数開示をする4月まで誰もわかりません。

自分を信じて次に進むことをお勧めします。

その場その場で全力を出して、終わり次第、次の科目に集中するように心がけてみてください。

 

2つ目は、

受験会場で自分のフィールドを作り出すこと

です。

 

知らない会場で今までの力を出し切ることって本当に難しいです。

私も緊張しがちで、試験会場に行く途中の電車の中など、

ぶるぶる震えるくらい、緊張していました。

ただ、担任助手の先生や友達のmessageを思い出して、

力に変えていました。

その言葉の中に、

「周りよりも強い圧倒的オーラを出して試験に挑め!!!」

と書いてあり、元気をもらいました。

同じ受験会場にいる人も緊張しているし、

条件は同じなんだ、むしろ私の方が勉強してきた自信がある!!

と、開き直れました。

結果として、センター試験での失敗を活かして、

その後の一般試験ではすべての大学で合格を頂くことが出来ました。

ここから先の勉強は、勉強した内容がそのまま受験に出でくることもあるくらい記憶に残りやすい時期です。

1つ1つの勉強を大切に。

勉強できる幸せを感じながら残りの受験生を過ごして下さい!

 

本日も市川駅前校のブログを読んでいただきありがとうございました。

明日のブログは池田担任助手です!

お楽しみに!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 伊藤誠人