夏休み以降のお話 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 7月 13日 夏休み以降のお話

 


 

こんにちは!

上智大学理工学部情報理工学科2年の難波です!

7月も10日以上が過ぎ、定期試験が終わった学校も多いのではないでしょうか。

いよいよ夏休みが始まりますね!

自分は、夏休みに5泊6日で北海道に旅行に行く予定や1泊2日でキャンプをする予定などあり、とても楽しみです!

みなさんも夏休みの予定は決まりましたか?

もしまだ夏休みの予定が全く決まってないという人は、たくさんの担任助手が夏休みの予定の立て方や夏休みの過ごし方について書いてあるのでぜひ読んでみてくださいね!

 

さて、今日は夏休み以降について受験生向けに話をしたいと思います。

 


 

受験生のみなさんは夏休みの過ごし方については、学校の先生・予備校の先生・親などからたくさん言われたでしょう。

では、夏休み以降はどのように過ごすのか想像ついていますか?

自分はどの科目をどれくらい勉強するのかしっかりわかっていますか?

夏休み以降は何をすることが大切なのでしょうか?

 

夏休み以降で大切なことは、「大学の過去問分析・そして逆算合格の戦略立て」をすることです。

 

みなさんには第一志望があるはずです。

そこの過去問を何十年分も解き、そしてなんの単元が出やすいのかしっかり分析をすることが合格するための秘訣です。

 

みなさんのライバルは同じ学年の子でもありますが、一番の脅威は浪人生です。

浪人生は少なくとも皆さんより1年多く勉強をしています。

そのため基礎(土台)の部分は明らかに浪人生が安定していて、強いです。

 

ではどのようにしてその浪人生に勝つのか、

 

それは勉強する箇所を絞って自分の強みにすることです。

 

受験は全部の単元から問題が出るわけではありません。

絞られた範囲から問題が出てきます。

そして、その試験で出た問題のみで合格か不合格か判断されます。

 

つまり、大学の出しやすい分野に絞って勉強をして自分の武器にすれば浪人生にも勝つことが出来るのです

 

だからこそ、夏休み以降の勉強としては過去問の分析・戦略立てがメインとなるのです!

 

しかし、やはりある程度の学力がないと単元を絞って勉強をしても意味がありません。

だからまずは、全単元のセンターレベルの問題は解けるようにしておきたいです!

だからこそこの夏が大切です!

 

自分の今までの限界を超える勉強をこの夏でしましょう!

 

明日のブログは、吉田担任助手です

お楽しみに!

 

ご好評の個別入学説明会

毎日18:00と20:00に実施中!

【お申込みは 0120-104-381 市川駅前校までお電話下さい!】

 

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 難波洸也

過去の記事