大学受験をすること | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2021年 3月 5日 大学受験をすること


こんにちは!國學院大學経済学部経営学科1年の白石ゆり子です!

いきなりですが皆さん、貯金は好きですか?私は最近貯金にはまっています。

毎月口座に入れる額を決めて、毎月どんどんお金が貯まっていくのを見るのはとても楽しいです。誰と何の勝負もしていませんが、謎の勝者感と謎の達成感があります笑

皆さんも、大学生になって高校生の頃よりはお金に余裕が出てきたら是非貯金をしてみて下さい!

 

突然ですが、

皆さんには将来の夢はありますか?

行きたい大学はありますか?

なぜその大学に行きたいのですか?

今勉強している理由は何ですか?

今皆さんは当然のように予備校に通い、当然のように毎日勉強をしていますが、文部科学省の調査によると日本の高校生の中で大学に進学する人の割合はおよそ54%と言われています。つまり、日本中の高校生の2人に1人は大学に行かないのです。

この数字を見て皆さんはどう思いますか?

意外と少なくて驚いた人が大多数だと思います。

中には専門学校に行く人・就職する人・海外に行く人・金銭的な問題で大学で勉強することができない人など大学に進学しない理由は様々あると思いますが、ここから言えるのは

「大学受験をすることが当たり前ではない」

という事です。また、予備校にかよっていることも当たり前ではありません。大学受験はするけれど、金銭的に予備校にはいかせることができないという家庭も沢山あると思います。

そんな中で皆さんは、毎日朝から晩まで集中して勉強することができる環境が周りに整っています。

それなのに、

「何となくみんな大学行くから勉強しよう」

「大学でやりたいことは特にないけど親がいけっていうから大学いこう」

「怒られるのが嫌だからとえず東進いこう」

みたいな理由で何となく第一志望を決めて勉強したり、東進に通ったりするのはもったいないと思いませんか?

せっかく大学受験をするのなら、明確な理由と、目標をもって努力することが大切です。

明確な理由をもって勉強することができる人は、自分の意志の強さ・最終的な粘り強さにつながります。早くから志望校を決めて勉強することで、何も決まらずただ受け身で勉強している人の何倍も効率のいい勉強をする事ができます。

まだ、将来や大学で何をしたいかはっきりと決まっていない人は、修了式条件にもなっている「志作文」で改めて自分と向き合ってみて下さいね。

 

先ほども言いましたが、大学に行きたくてもいけない人だっています。

予備校に行きたいけど行けない人だっているはずです。

 

大学受験ができる環境・毎日夜遅くまで勉強できる環境・支えてくれる人たちへの感謝の気持ちを忘れずに、日々小さな努力を積み重ねて第一志望合格をつかみましょう!

本日も市川駅前校のブログを読んでいただきありがとうございました。

明日のブログは伊藤担任助手です!お楽しみに!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 白石ゆり子

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事