早起きとお昼寝のおはなし | 東進ハイスクール 市川駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2021年 9月 4日 早起きとお昼寝のおはなし

こんにちは!早稲田大学社会科学部2年の狩野真之心です。

本日は、「学校がある日のタイムスケジュール」についてお話していきます。

 

まずは意識していたことを2つ紹介しようと思います。

 

夏休み中と夏休み明けでは、周囲の環境も自分の状態も大幅に違うと思います。

 

その中でも、絶対的な勉強時間の減少は誰もが感じるものだと思います。

実際に狩野が受験生だったときも感じていました。

 

時間を増やそう、と考えたらどんな方法が思いつきますか?

 

まず浮かぶのは、

寝る時間を遅くする

起きる時間を早くする

になるのかなと思います。

どちらも試してみたのですが、個人的には朝早く起きるほうが日中の集中力が長く保てると感じました。

また、減ってしまった睡眠時間は学校で確保していました。

質の面も考えると、学校よりは自宅のほうが静かだったのでより集中できました。

 

次に、学校が始まってから変わったものとして、

勉強以外に体力を使う時間が増えたことです。

 

夏休み中は約40日に渡って朝から晩まで机に向かっていましたよね。

そしていざ学校が始まると、登下校や体育の授業で体力をものすごく消費するかと思います。

 

実際に狩野も自転車で通学しており、たった20分程度でしたが、東進につく頃にはヘトヘトになっていました。

 

問題も解いていても頭は回らないし、受講していても耳に入ってこないし、、、

 

という状態が続いていました。

 

ですので、東進に来て20~30分は、睡眠の時間にすることにしました。

 

惰性で続けるよりも、質面への投資はしたほうがいいと考えたからです。

一旦脳と体を休めることで、その後の時間はとても集中できるようになりました。

 

以上2つが意識していたことになります。

 

最後に、実際に狩野が実行していたタイムスケジュールを紹介します!

 

 

こんな感じで過ごしていました。先程述べたように、朝早く起きるのは力を入れていました。

ぜひ参考にしてみてください!

 

本日も市川駅前校のブログを読んでいただきありがとうございました!

明日のブログは木村担任助手です!お楽しみに!!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***



市川駅前校 担任助手 狩野真之心