松田先生はいいぞ | 東進ハイスクール 市川駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2021年 2月 15日 松田先生はいいぞ

おはようございます

こんにちは

こんばんは

成蹊大学理工学部システムデザイン学科の

鈴木正真です

少しずつ春が来ている気がします

僕は冬がとても嫌いなので嬉しい限りです

ただ、季節の変わり目は体調を崩しやすいので充分気をつけてくださいね。

 

さて今日は僕の敬愛する数学の先生について書こうかなと思います。

今回ご紹介するのは、数学科の

松田聡平先生

です

受験数学や高等学校対応数学などを担当していらっしゃいます

 

東進のHPの紹介を引用すると

堅苦しい数学とは一線を画すその授業は、幅広い学年の上位生から強い支持を受ける。 徹底的に本質を追究した明快なアプローチは、いとも簡単に東大をはじめとした最難関大レベルの壁を打ち崩す。『松田の数学IA/IIB典型問題Type100(東進ブックス)は入試数学のコアをまとめた必携の書。「ワカル」を「デキル」に変える新しい数学は、君の思考力を刺激し、数学のイメージを覆す!

とのことです

まさにその通りです!

僕は元々数学に対して苦手意識があった訳ではありませんが、特別得意だという意識もありませんでした

理由としては、授業中の基本的な問題は理解できて解けるものの入試問題になると最後まで解ききれず点数にならない、からでした。

松田先生の特徴は、端的に説明すると

・解説が少ない

・類大紹介が多い

です

この特徴にはしっかりと理由があり、「数学の本質(=コア)を理解しておけば、解けない問題は存在しない」と言った松田先生の理論からこういった授業構成になっています。

本当にその通りで、コアに関してを重点的に詳しく説明して下さるので、実際に問題の解説自体が少なくとも自分の力で理解ができます。

また類大紹介が多いことで、その時々のコアを忘れずに応用するまで練習出来るわけです。

この特徴が僕にはピッタリでした。

僕は授業中に基本例題だけでわかった気になって、本質まで理解していなかったのです。

松田先生の授業で本質とコアをきっちり理解し直すことができ、数学が得点源になるまで伸びました。

数学苦手ではないけど得意科目にして得点源にしたい!

という人にピッタリだと思います。

すこーーしクセのある喋り方教え方ではありますが、それがまた良いんです。

興味を持った方はぜひ体験してみてください!!

 

本日も市川駅前校のブログをお読みいただき、ありがとうございました。

明日のブログは川森担任助手です!お楽しみに!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 鈴木正真