楽しかった受験 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 9月 26日 楽しかった受験

みなさんこんにちは!

青山学院大学経営学部1年の川森大輝です!

最近は寒い日が訪れることが多くなり、自分の一番好きなが終わってしまったなあと強く感じます。

そしてとてつもなく嫌な雨の多い季節であるに突入してきちゃいました!

ってとてつもなく苦手で雨が降るだけで1日の活力が20%くらいになっちゃうような気がするので、本当に降ってほしくないなっていつも思います。

なんで嫌いなのかというとが必要だからですね。

私はどこへいっても傘をどこかに忘れてしまう性質をもっているんです。

つまり私は傘を日々もっていかないのがベストだなって思うわけです。

だから雨が降るととても濡れて教科書がふにゃふにゃになります。

よって、、大嫌いです。

すみません、どうでもよい話が長くなりました。

本題入ります。

ぼくと校舎で話したことがある生徒は聞いたことがあるかもしれませんが

ぼくは大学受験がめちゃくちゃ楽しかったです!

でも勉強は好きではなかったです。

不思議なこと言っているようですが、わかってもらいたいので説明します。

まず、ぼくは高校2年生の頃はほぼほぼ勉強をしていませんでした。

定期テスト勉強をするのが嫌いで、あえて何もせずにテストを解いて赤点回避できたら満足するタイプでした。

授業中も9割方寝ているか遊んでいるかで、勉強と名の付くものはすべて毛嫌いしていました。

しかしやはり大学にいくには勉強をしなくてはならないのでどうせなら楽しくやろうと思ったのが、受験生活が楽しく感じた要因でした。

そもそも東進で勉強をしようと思ったきっかけが、難波担任助手が生徒だったころに、部活の帰りに今日は受講しないといけないんだよね~と楽しそうにそして、自慢気に言ってきたことでした。

こんなに勉強を楽しそうにやれるなんて変な人だなと思っていましたが、実際やってみると楽しかったんです。

では、どうして楽しくできたのか。

それは自分で自分を乗っけることができていたからです。

日々勉強する中で毎日勉強する内容の質・量が上がったり、点数があがったりすることはモチベーションの上昇に関わってくると思います。

だからこそ、これを利用してゲーム感覚で勉強すると楽しくなれるんですね!

さらにあったのは、優越感です。

朝7時に学校にきて勉強している人は自分だけで、ほかに来ている人ははやくても7時15分くらいだったので、いちいち勝ったわ~と喜んでいました。高校3年の夏休みの朝登校全達成者はぼくとあと1人いるかいないかだったので、そのへんのこともモチベーションにつなげていました。

そしてなりより、勉強している自分になかなか満足していました。

これまでの生活の中で自主性をもって勉強に取り組むことは一切なかったことで、東進にこもり続けて勉強している自分に自分で感心していて、この状態が楽しくてしかたなくなりました。

ただ、どんなにこんな生活でも時々飽きることがあったのですが、その時は今めっちゃ楽しいことをしているんだと自分に言い聞かせていました。

意外と自分に言い聞かせるのは効果があるのでぜひやってみて欲しいです。

同じことをやるなら嫌々やるより、勢いに任せて楽しくできたほうがぼくはいいと思います!

自分の気持ちは自分でコントロールできるように頑張ってください!

明日のブログ担当は力を抜いているように見せているのに、実はめちゃくちゃちゃんとしているのを感じる岩瀬担任助手です!

お楽しみに!!

東進1日体験実施中!

【お申込みは 0120-104-381

市川駅前校までお電話下さい!】

 

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★





***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校   担任助手 川森大輝