模試 | 東進ハイスクール 市川駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2021年 2月 1日 模試

おはようございます

こんにちは

こんばんは

成蹊大学理工学部システムデザイン学科

鈴木正真です!

 

2月です。

大学のテスト期間が終わりました。

といっても今年はオンライン授業だったのでレポートばかりでしたが。

僕は理系なのでテストが中心です。去年はテスト勉強にひいひい言ってましたが、レポートとなるとゆっくりできたので楽しく勉強できました。

来年もオンライン中心がいいなあなんて思ったり。

でもそろそろキャンパスには行きたいなあ。

コロナウイルスをきっかけに世の中が変わっています。

今後数年はマスクをつけたままの受験になるでしょうし、それがスタンダードになりそうですね。

環境にも左右されない力を付けることが必要です。

ウイルス, マスク, Coronavirus, 病気, アウトブレイク, 検疫, Covid-19, 保護

 

さて2月です。

2月といえば模試があります。

そうです共通テスト本番レベル模試です。

 

通常共通模試の間は2か月ほど空きますが、同日があったため1カ月ほどのスパンになります。

同日でショックを受けた人も多いのではないでしょうか。

そこから改めて本腰がはいったという人も多いかと思います。

 

だがしかし!

受験は点数を取らないことには乗り切れません!

模試ではシビアに合格できるか否か点数を見る必要があります。

 

東進には勝利の方程式というものがあります。

3月末に英語完成

6月末の模試でCライン突破

7.8月で過去問演習10年分

8月末の模試でBライン突破

などなど

 

(なんそれ知らんという場合は担任助手に聞いてくださいネ)

 

これらはすべて適当にあるのではなく

ちゃんと理由があります。

 

全て、9月以降の演習で最も効果を発揮するために繋がっているのです。

6月までにCラインレベルになっていないと、過去問演習に全く歯が立ちません。

8月でBラインレベルになっていないと、演習中に復習が多すぎることになり効率が悪いです。

 

期限, ストップウォッチ, クロック, 時間, 圧力, 時計, タイマー, 速度, 開始, 停止

 

常に数か月先、ないし入試本番までを見据えた勉強を心がけましょう!

分からん!という場合は即相談ください。

そのために我々がいます!

 

頑張れ東進生。

 

 

本日も市川駅前校のブログをお読み頂きありがとうございました

明日のブログは岩瀬担任助手です!最近僕の次の日毎日岩瀬君な気がします。お楽しみに。

 

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 鈴木正真