横につながりを | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 5月 25日 横につながりを

こんにちは!早稲田大学教育学部数学科に通っている担任助手2年の古川です!

最近、ちょくちょく暑い日があって夏が近づいてきたことを実感しています。

7月にもなれば蒸し暑い日が続くので、気温的には今が一番適温なんでしょうね。

また、最近は他の担任助手とよくラーメンに行きます。

やはり煮干しが止まらないです。

え?鶏白湯は最近食べてないかって?

安心してください、この前しっかりチャージしました!!

 

さて今日は横のつながりについて話していきたいと思います。

受験において横のつながり、すなわち一緒に勉強をする友達がいることによりどのようなメリットがあるのでしょうか?

古川が思うに以下の2つがあげられます。

①相対的な評価をすることができる

②情報を共有できる

1つずつ説明していきましょう。

最初に①の「相対的な評価をすることができる」ということについてです。

比較イラスト に対する画像結果

以下の2つの表現を比べてみましょう。

「この公園は〇〇㎡もあるんだよ」

「この公園は東京ドーム〇個分もあるんだよ」

どっちの方がこの公園の大きさについてイメージが湧きやすいですか?

明らかに後者ですよね。

相対的な評価は物事の現状を把握するにおいてとても大切なのです。

勉強に関しても同じことが言えて

同じ部活の〇〇があんなに勉強してるんだから、俺も頑張らなきゃ!

あいつと俺との違いはここだからここを伸ばせばあいつに追いつける!

このように自分の現状を他人と比較してモチベートすることができるわけです。

そして相対的な評価ができるからこそ、それが行動に移りやすくなるのだと思います。

 

次に②の「情報を共有できる」

について話していきたいと思います。

情報社会イラスト に対する画像結果

勉強についてお互いに質問し合う、教え合う、ということは物事の理解を深めるのに非常に重要なことです。

これは問題の質問に限らず、勉強法についての質問や模試の成績表を交換して客観的に評価する、といったことも横のつながりがあってこそできることだと思います。

以上①,②より横のつながりを活用すれば一人で抱え込むことなく頑張ることができると思います!

 

もし全員が第一志望に合格する校舎があったらその輪に入りたくなりませんか?

そんな環境で勉強してみたいと思いませんか?

我々はそういう校舎を作りたいと思っています。

ただスタッフの力だけではこういった校舎の実現は難しいと思います。

実現するためには1人1人がまずは自分のグループを、そして各グループが校舎全体を活性化させることが必要だと思います。

市川駅前校はアットホームな雰囲気ですので実現可能だと思います!

市川駅前校一丸となって頑張りましょう!

明日のブログはいつも元気な川森担任助手です。

お楽しみに〜♪

 

入学説明会

毎日11:00と14:00に実施中!!!!

【お申込は校舎までお電話下さい!】

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***

市川駅前校 担任助手 古川恭平

 

過去の記事