緊張を力に変えよう | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2021年 1月 20日 緊張を力に変えよう

こんにちは!

國學院大學法学部政治専攻の佐々布武志です!

1月20日のブログを担当させていただきます!

受験生は初めての共通テストも終わり、

二次私大までの勉強をリスタートさせているところでしょう。

まだ共通テストの結果で一喜一憂している人はすぐに切り替えましょうね!

 

本日のブログでは、初めての「試験本番」を経験した皆さんに向けて、

「緊張の克服」について書いていきたいと思います!

 

皆さんは「共通テスト本番」、

緊張しましたか?

今までにないくらい緊張した人もいれば、

そこまで緊張しなかった人もいると思います。

それでは受験時代の佐々布はどうだったかというと、

めちゃくちゃに緊張しました。

1限目の社会の試験中も緊張でケアレスミスを連発し、

続く国語でも、手が震え鉛筆をグーの手で持つほどでした。

「センター本番」で以外にも緊張することを知った佐々布は、

「私大本番」でも同じ過ちを犯さないようにあらゆる対策を練りました。

同じような経験をしてしまった方に向けて、

「佐々布の緊張対策」を今回紹介するので、参考になれば幸いです。

※緊張することが一概に悪い事ではありません、逆に適度な緊張感は大切なので忘れずに。

 

①試験本番だからと言って特別なことはしない。

「明日は第一志望の入試当日。早く寝て明日に備えよう!」

一見普通なことに見えますが、「いつもと違う事」をするのは受験においてNGです。

「早く寝る」という事は良いことですが、それがいつもと違うのなら生活習慣を乱しているのと同じです。

毎日、次の日にベストな集中が出来るように心がけていたら、特別なことをしなくてもいいですもんね!

②友人・家族・担任助手と話す

→入試直前期。受験生は皆不安な気持ちでしょう。

しかし、その気持ちを奥にしまっていて、いざ本番を迎えるのは危険です。

今の気持ちを誰にでもいいので話してみてください。

担任助手も、受験直前の気持ちを全員理解しています。

気軽に話してみてください。

少し気持ちが楽になり、当日の緊張もなくなりますよ。

③体を温かくする

→緊張でゆっくり寝れない。そんなことはありませんか?

そんなときは、「体をあっためる」ことに専念をしましょう。

体を温めると、「副交感神経」が働いて脳がリラックスした状態になるそうです。

(あまり詳しくは知りませんが)

湯船に入ることはもちろん、寝る前に温かいミルクを飲むようにしていました。

④自分が一番努力をしてきたと強く思う

→試験の教室に入ると、

あら不思議、自分以外の受験生がみんな頭よさそうに見えませんか?

それは受験生の多くが感じているものです。

その時に心の支えとなる物は、

「自分自身です」

自分がこの1年間してきた努力を思い出してください。

幸運なことに。東進生は他の受験生より多くの努力量を積んでもらっています。

ここまで突っ走ってきた自分をほめて、

努力をほめて、

全てを本番にぶつけてきてください。

最後は少し話がずれてしまいましたが、

以上が「佐々布の緊張対策」です。

是非参考になれば!

 

最後までブログを読んでくださりありがとうございました!

 

明日のブログは池田担任助手です!

最高のブログをお楽しみに!

 

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 佐々布武志

 

最新記事一覧

過去の記事