頑張ろう | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 4月 1日 頑張ろう

こんにちは!立教大学社会学部メディア社会学科1年の信濃拓実です!
今日は成長するために重要なことを書いていきたいと思います。
皆さんは、勉強が好きですか?
自分は大嫌いでした。また、周りにも勉強が好きな人はあまりいませんでした。それでも、受験をすると決めて勉強を頑張っていました。やはり成績を上げるためには心構えが重要です。同じことをやっているのに成果に差が出るのは、意識や集中力に差があるからです。
だからといって、つらいことを頑張れといわれても、なかなかうまくいきませんよね!
なので、今回は成長について理解をしていただきたいと思います。
端的に言うと、成長とは今までの自分を超えることです。限界突破です
具体例として、筋肉の話をします。筋トレをしたことはありますか?筋トレとは、筋肉をつけるために行うものです。かっこいい体にするためには筋トレをして筋肉を成長させる必要があります。
では、筋肉はどうやったら成長するのでしょうか?
それは、簡単に言うと「もともとの筋肉を壊す」です。
筋肉は壊れないとあまり成長しません。負荷をかけて筋肉を壊すことで、成長することができます。
骨についても同じです。骨は折れたら、もっと強くなります。
これは身体の話ですが、精神面でも同じことが言えます。
つまり、つらいことがあった時、そこを乗り越えることで成長することができます
勉強はつらいですが、頑張れば頑張るほど伸びます。眠い時ほど耐える、やめたいときほど続けることで、自分のメンタルも強くなっていき、集中力も上がります。学力ももちろんついていきます。自分の例だと、高校3年生まで授業中起きていることは一回もありませんでしたが、高校3年生に受験勉強を開始してからは、一度も寝たことがありません(体調不良を除く)。それは、眠くても絶対に耐えると決めていたからです。そうすれば成長できると信じていたからです。その結果、自分は長時間集中する力が付き、つらい時に踏ん張るメンタルも強くなりました。
成長に必要なのは、挑戦です。
挑戦とは、自分の実力以上のことをしようとすることです。
自分の実力以上のことをするから成長します。
だからこそ成長するためには、自分の実力以上のこと=自分ができないことを意識的に頑張ることが大事です。
自分がいつも寝てしまうときに頑張って起きる。スマホを見たくなった時こそ我慢する。いつもよりも30分多く勉強する。
こういったことを続けると、成長します。
だからつらい時は自分がこれからさらに伸びるための成長痛ととらえ、踏ん張ってみましょう!
逆にそれらをしないと、昨日と同じです。何も変わらないです。
どうせやるんです。成績上げましょう!
今日もブログを読んでいただきありがとうございました!
明日のブログは児島担任助手です!お楽しみに!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


 

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


 

市川駅前校 担任助手 信濃拓実