15時間勉強! | 東進ハイスクール 市川駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2021年 8月 19日 15時間勉強!

こんにちは!國學院大学経済学部経営学科2年の白石ゆり子です!

さて、8月模試まであと3日となりました。みなさん勉強の調子はいかかですか?
夏の集大成となる模試です、緊張感をもって全力でやってきてください!

さて、今回は「夏の15時間勉強」について話していきます。


八月ももう半分が終わってしまいましたが、皆さん1日15時間の勉強はできているでしょうか。

わたしが受験生だった時、長時間勉強するために心掛けていたポイントを何点かお話ししたいと思います。

①30分単位で予定を立てる
勉強を始める前に、何をどれくらいやるのか可視化できるようにしていました。
やり終わったら線で消すことで、達成感があり、明日も頑張ろう!という気持ちになったことを覚えてます。

②過去問は午前中からやる
当日の試験は、朝早くから始まります。朝の方が脳も疲れていないので、本当の自分の力がわかります。過去問をやる日は、朝から始めることを心がけていました。余談ですが、過去問を解くときはホームクラスや自宅のような自分一人の環境ではなく、自習室のような周りの人が見える環境で行う方が、本番に近くてより実践感が出るのでおすすめです。

③予備の時間・日を作る
1週間、1日単位で予定を立てますが、「意外と量が多くて時間かかっちゃったな、、」「集中しすぎて30分も時間過ぎてた、、」と言う人も多くいると思います。私もそうでしたが、一分一秒予定通り完璧にこなせるひとはほぼいません。そこで、1日に2時間程度、予備の時間を作って、そこで1日のやるべきことで終わっていないものを終わらせるといいと思います。もし終了してるのであれば足りない部分の補充に使うこともできます。

この3点が、私が長時間勉強する際に意識していたポイントです。他の担任助手も、たくさん有意義な内容のブログを書いてくれているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

受験生の皆さんは、夏が終わったら、冬までノンストップです。

低学年の皆さんも同日体験受験まで時間がなくなってきます。
本当にここからの5.6ヶ月は時間を有効に使うことを心がけてください。

電車で単語をやる、休み時間に参考書を開く、昼休みに図書室に行く、、
学校が始まっても、使える時間はまだまだ多いはずです。皆さんの今後の人生をきめる残りの半年間、全力で勉強し、後悔のない受験結果を手に入れましょう!

まずは残り2週間の夏休み、悔いのないように頑張りましょう!!応援しています!

本日も市川駅前校のブログを読んでいただきありがとうございました。明日のブログは渡邊担任助手です!おたのしみに!

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***



市川駅前校 担任助手 白石ゆり子