過去問を1回で満足してない? | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 8月 13日 過去問を1回で満足してない?

 

こんにちは!

早稲田大学大学院会計研究科修士1年古川です。

最近、一気に暑くなってきましたね…。

受験生の皆さんは特に熱中症には気をつけてくださいね。

某パンデミックの関係でマスク着用が強いられますので大変です…。

 

さて今回は数学についてお話ししたいと思います。

数学イラスト/無料イラストなら「イラストAC」

皆さんは数学を学ぶ際どのようなことを意識して学んでいますか?

とにかく解いているという人も少なからずいるかと思います。

数学を学ぶ際に特に意識してほしい点が2点。

①基礎力

②数学的思考力

です。

どちらか一方が欠けていると問題に対応できなくなってしまいます。

①基礎力が欠けていると、

問題を解いてて積分の立式までできたのに計算ができない

②数学的思考力が欠けていると

問題文を読んでどう取り掛かればいいかが検討もつかない

という状況に陥ってしまいます。

みなさんはこれまでに基礎力を養う訓練をされてきたと思われます。

これからは基礎力養成を怠ることなく、数学的思考力を養うことが大事になってきます。

数学的思考力を養うコンテンツはたくさんあります。

模擬試験や過去問演習講座、答案練習講座やこれから取るであろう単元ジャンル別演習などなど。

これからはとにかくテスト形式で時間内で答案を作ることが非常に重要になってきます。皆さんは過去問演習講座を“1周”でやめようとはしてませんか?

数学に関しては何回やっても価値があります。

まずは初見で解く。この時間は非常に重要ですよね。

皆さんも過去問演習の1周目を重要視しているのはすごい伝わってきます。

それで解説授業を受けて終わりにしている人はいませんか?

解説授業を見てわかったところでもう一回テスト形式で解いてみるとあら不思議、意外と解けないところがあります。

2回目をやる意義は“分かったつもりで本当は分かっていないところ”をあぶりだすところにあると思います。

書評】誰も教えてくれない 問題解決スキル | スターフィールド株式会社

それと同時に「初見の時にこの発想があれば解けるのか」というのを是非痛感してください。

このように一度解いた試験でも2回目を解くことには非常に価値があります。

過去問演習講座等をフル活用しましょう!

以上、古川による数学の勉強のすゝめでした。

 

私は中学、高校時代に数学を学んどいて本当によかったと思っています。

先日も就職活動の際のインターンシップで数学がたくさん出てきました。

微分、積分、確率、ベクトル、数列、極限など様々な分野にいまだにお世話になっています。

数学に限らず、勉強しているものがいつ役に立つかは分からないととは思いますが勉強をして損することなんてないです。

この受験という大量な勉強をする貴重な機会に是非いろんな科目をがむしゃらに勉強をしてください。

そうしたら数年後、数十年後にあの時あれを勉強していてよかったなと思う日がくるかもしれませんよ。

これからも頑張ってください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、古川のブログでした。

 

明日のブログは前田担任助手です!

お楽しみに!

 

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 古川恭平