私がこの時期意識していたこと | 東進ハイスクール 市川駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 11月 27日 私がこの時期意識していたこと

こんにちは!

早稲田大学の大学院に通っております、古川です。

最近は寒くなってきましたね。

私はバイク通学なのですが寒すぎて上着を3枚羽織り、ズボンの上にジャージをはいているためベイマックスのように丸くなっています。

みなさんも体は冷やさないようにしましょうね。

体調管理には十分注意しましょう。

体調管理 | 東進ハイスクール 千歳烏山校 大学受験の予備校・塾|東京都

さて今日は私が受験生時代のこの時期に意識していたことについてお話したいと思います。

私がこの時期の勉強で意識していたのは

①脳死で演習する時間

②じっくりと弱点を克服する時間

③入試に出そうな背景を捜索する時間

の3点です。

参考程度に聞いていただけると幸いです。

①脳死で演習する時間

これは過去問演習の2周目や問題集の2周目を用いてやっていました。

私は物理や化学の過去問の演習時間が2時間だったので4時間測って物理と化学をぶっ続けでやっていました。

これは確実な勉強量の確保と入試問題への慣れを目的としてやっておりました。

②じっくりと弱点を克服する時間

模試や過去問演習を通じて自分の弱点、今まで逃げてきたところに向き合う時間を取りました。

これらは今まで逃げてきた分勉強のハードルは高いですが費用対効果は最高の分野たちです。直前期になってきたので目的本位に動けるようになっているはずです。

皆さんされているとは思いますが入試終わってから後悔するんじゃ遅いので是非苦手分野に向き合ってください。

③入試に出そうな背景を捜索する時間

私は数学が好きでしたので隙間時間では入試で出てきそうな背景の深い数学をやっていました。

有名な定理や不等式、曲線等を調べていました。

実際に入試問題でその背景の問題に2,3度対面しました。

気持ちよく解くことができましたし、自分で調べて研究することで数学そのものに対する興味がますます湧いてきました。

ただ私はここに時間を割きすぎてしまったという反省も少し残っているのでほどほどにしましょう…。

私のゼミの教授にも聞いたんですけど問題作成者は大学で習うような有名定理や命題を高校の範囲に落とし込んで出題しがちなそうです。

問題集の備考に書いてあることを自分で調べたりするとそれが入試に出たりもするので息抜きにおすすめです。

以上、古川のこの時期の勉強で意識していた3点でした。

真似はしなくていいですが取り入れてプラスになりそうなら部分的にでも取り入れてみてください。

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 古川恭平

最新記事一覧

過去の記事