ラストブログ | 東進ハイスクール 市川駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2021年 4月 17日 ラストブログ

こんにちは!

國學院大學法学部政治専攻の佐々布武志です。

4月17日のブログを担当させていただきます!

4月も2週間が過ぎましたが、新しい環境に慣れることが出来ましたか?

自分の大学も徐々に対面授業が始まり、毎週大学に行くのが楽しみです。

 

さて、本日は佐々布のラストブログです!

私は高校3年生の5月から東進ハイスクール市川駅前校に在籍しているので、

約3年間お世話になりました。

生徒として通った1年間、

担任助手として働いた2年間、

どちらも濃すぎる時間を過ごさせていただいたため、

東進を離れることはとても悲しいです。

今までお世話になった方々には感謝をしてもしきれません!

 

そんな私ですが、最後のラストブログで伝えたい事は3つあります。

受験の事や、今後の人生においての話、

これは佐々布のグループミーティング(ササ部)でも話したことです。

感情論に頼りがちな佐々布ですが、

この3つは本当に大切なのでどんなにベタな話だとしても心にとめておいてほしいです。

まず1つ目は、「最後までやり抜くこと」

今3年生の皆さんは、受験生としての1年間で何度も大きな壁にぶつかると思います。

「模試の判定が良くない」「苦手が克服できない」「勉強のモチベが保てない」

などなど、今すぐこの場から逃げ出したい気持になることもあります。

ただ、そこで逃げたら今後の人生で大きな後悔として残ります。

大学受験というものは、

人生の中で1番と言ってもいい程1つのモノに本気で取り組む私見だと思います。

そこで逃げたら、もちろん後悔も大きなものになりますよね。

「勇気は一瞬、後悔は一生」です。

1年間だけです。最後までやり遂げてください。

 

2つ目は、「ワクワクする選択肢を取ることです」

これに関しては受験においてそれほど関連がありませんが、

自分は今まで選択を迫られたとき、

「ワクワクする選択肢」を選んで生きてきました。

そこまで偉そうに話す自分も、時には楽な選択を選んでしまいますが、

楽な選択を取った時、そのあとに残る物はとても薄いことが多いです。

自分が今こうして皆さんに向けてブログを書いているのも、

「担任助手をやる」という選択を取った結果、皆さんに出会うことが出来て、

皆さんとの関りで自分自身も成長でき、充実した生活を送ることが出来ました。

これは佐々布の人生観なのですが、

今後の人生においての参考にしていただければ幸いです。

 

そして最後は、「感謝の気持ちを忘れないこと」です。

皆さんが今当たり前のように勉強の環境が用意されているのも、

ご両親の方々のご支援があった上で成り立っています。

その他にも、学校の先生、友達、そして担任助手、

皆さんの事を大好きで、皆さんの夢を本気で応援している人は多くいます。

自分も生徒の時はそこまで感じませんでしたが、

いざ担任助手になってみて、「生徒の夢を本気で叶えたい」と思うようになりました。

これは私だけでなく、皆さんに関わる多くの人が思っていると思います。

感謝の気持ちについて、皆さんに覚えていてほしいのは、

”この1年は多少の迷惑をかけてもいいです。ただ、常に感謝の気持ちを伝える事。”

 

どんな時でも、担任助手は皆さんをサポートします。

 

以上が佐々布が伝えたい3つの事です。

 

今日までお世話になった方々、本当にありがとうございました。

 

東進からは離れますが、皆さんの受験が終わるまで応援の気持ちは変わりません。

 

 

(ササ部のみんな!全員最後まであきらめずに第一志望受かるんだぞ!)
 

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***



市川駅前校 担任助手 佐々布武志

過去の記事