ブログ | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ 

2019年 6月 27日 好きになる!

こんにちは!明治大学国際日本学部国際日本学科1年前田望那です!

 

~担任助手の好きな言葉~

私の好きな言葉、というより大切な言葉

GRIT

です。

国際学部系出してるわけではありません。笑

この言葉は、去年の東進の夏期合宿の最後の日、すべての授業・テストが終わってから、安河内先生が最後のメッセージとして教えてくださった言葉です。

Image result for パークホテル河口湖

gritを辞書で調べると「歯を食いしばる」などの意味が出てきます。

gritをネットで調べると「やりぬく力」などの意味が出てきます。

アンジェラ・ダックタース氏というペンシルバニア大学の教授によって話題になったそうです。

 

「合宿が終わってからも、受験が終わってからも努力し続けてほしい」というメッセージを安河内先生は、私たちに伝えてくださりました。

今でもこの4文字を見ると何となくわくわくしたり、頑張る気力がわいてきます。

他の担任助手も素敵な言葉を紹介しているのでぜひ見てみてください!

 

さて。

今回書きたいことはずばり、

受験勉強を好きになってほしい

ということです。

ぜひ「嫌」でも「普通」でもなく「楽しい」にしてほしいです。

スーツを着た女性のイラスト(笑う顔)

今の勉強は楽しいですか?好きですか?

意外ときちんと自分と向き合ってみると、本当に「勉強が嫌」と思う人はいないのではないでしょうか。

何が言いたいかというと

①周り・社会で勉強が嫌と言う人が多いので流されているから

②やらなければいけないものというイメージがつけられているから

などただ「周りが嫌と言うから」勉強が嫌になってしまっているのではないかと思います。

 

また、問題が解けないことが原因で辛くなるのなら、もう一度基礎に戻ってみましょう。

今ならまだ間に合います!これから頑張れば、その問題が解けるようになるんです。

そのために一つ一つめげずに頑張っていきましょう!

 

新しいことを知る、できるようになることって誰にとっても面白いものではないですか?

皆さんの周りで自分より成績がいい、特に数学・社会・理科の成績がいい人ってその科目が好きではないですか?

その科目に熱中した方が、頭に入りやすくなります、深く学ぶ意欲が出ます!

どんどんできるようになったらもっと楽しくなるはずです!

受験勉強をする時間は、人によって異なりますが、せっかく受験するなら、楽しい大学生活のために頑張ることも大切ですが、受験勉強自体も楽しみましょう!

辛くなったら、担任助手に相談してみてください。一緒に頑張っていきましょう!

 

今日も市川駅前校のブログを読んでくださり、ありがとうございました。

明日のブログは森優翔担任助手です!

彼の好きな言葉は何でしょう…?お楽しみに!

 

 

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★





***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


 

市川駅前校 担任助手 前田望那

2019年 6月 26日 数学小噺

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

成蹊大学理工学部システムデザイン学科1年鈴木正真です!

最近、理系だと言うと未だに驚かれる時があります。非常に文系顔らしいのですが、『理系』です!しっかり数学Ⅲまでやってました!!!理系の質問・相談、なんでも受け付けますからね!!

 

〜担任助手紹介〜 テーマ「好きな言葉」

ということで僕の好きな言葉は

「覚悟」とは、暗闇の荒野に進むべき道を切り開く事だ

です。

 

これは僕が愛してやまない漫画、『ジョジョの奇妙な冒険』第5部の主人公、ジョルノ・ジョバァーナのセリフです。

昨日のブログで佐々布担任助手が、受験後の皆さんが「意外と短かったな」と言うであろうと予言しています。それは間違っていないのですが、物理的に206日は206日です。206日=4944時間=296640分=17798400秒です。いざ終わってみたら短く感じても、その際中は異常に長く感じてしまうものです。異常に長く感じる一方で、全然足りなくも感じるので不思議ですよね。

そこで重要になるのは佐々布担任助手も言っている通り、「その日に何を勉強するか明確に決まっているか」です。

受験勉強は常に暗闇の荒野を歩くようなものだと思います。勉強しなければならない事は無限にありますし、何が正しいのかも分かりません。

そのなかで自分自身の道を決めるのは自分自身だけです。

「覚悟」を持って受験勉強に取り組んでいきましょう。


さて!

 

冒頭でも言いましたが、僕は『理系』です!

先日相川担任助手が物理・化学について話してくれているので、僕は数学について話したいと思います。

 

現在の高等学校指導要領では数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲがあります。2022年以降は新課程に移行となり数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ・Cとなります。

この科目名の区別というのは、一応難易度や分野別とされています。しかし、受験勉強においてここの区別はあまり関係ありません。例えば、Ⅱの微分積分はⅠの二次関数分野が理解できているという前提で展開されます。Ⅲの極限は、Ⅱの数列が理解できてる前提で展開されます。

 

このように、出題上の範囲はあっても、解答する上では無意味と言えます。

 

つまり何が言いたいかというと!

数学というもの全体を体系的に捉えることが重要

なのです!

 

日頃の勉強から、意識して科目名を越えた派生事項などを絡めて勉強すると、その「体系的に捉える」という意味が分かってくるのではないかと思います。

ぜひ、数学という学問自体を好きになってください。

 

なんだか非常に抽象的になってしまいましたね…。

今回は『数学に対する意識編』ということで、ここまでにして、次回は具体的な勉強法について話したいと思います。

 

あ!何か分からないことがあれば、いつでも僕に聞いてくださいね!理系なので!!

 

本日も市川駅前校のブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

明日のブログは非常に非常に非常に明るい同期の、前田担任助手です!お楽しみに!

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★





***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


 

市川駅前校 担任助手 鈴木正真

2019年 6月 25日 今日という日は?

こんにちは!

國學院大學法学部政治専攻の佐々布武志です!

最近は英語の勉強を頑張っています!

しかし受験生の時より英語にかけられる時間は短いので結果に現れるのが遅いです(笑)

受験生の皆さん!一緒に頑張りましょう!

 

〜担任助手紹介〜 テーマ好きな言葉

私の好きな言葉は「今日という日は残りの人生の最初の日である」です!

この言葉は、私の高校時代のサッカー部の顧問の方が仰っていた言葉です。

それは私が高校3年の夏、最後の試合で敗退した後のミーティングの時でした。

試合に負けて落ち込んでいる選手たちに先生はその言葉をかけてくれました。

「今日という日は残りの人生の最初の日だ、これで君たちのサッカー人生は一区切りだがまた新たなスタートの日でもある。それをどうモノにするかは自分次第だ、頑張りなさい。」

この話を聞いた私は

”切り替えて次の目標に向かって努力しよう”

と思いました。

その時私は、今まで9年間続けていたサッカーを辞める寂しさ負けた悔しさでどん底まで落ち込んでいました。

そんな自分にあえて甘い言葉を掛けず勇気を与えてくれた顧問の方には感謝しかないです!

ちなみに調べてみたところこの言葉はアメリカの映画の有名な言葉らしいです(笑)

 

それでは!本日の本題に移ります!

本日の話題は「今日という日は?」です。

〜担任助手紹介〜と同じ話題ですね(笑)

 

皆さんにとって今日はなんの日ですか?

おそらく皆さんは長い受験生活の1日としか思ってないでしょう。

それがダメとは誰も言いませんし当たり前だと思います(笑)

しかしその中でも二つに分かれます。

 

A:目標を持ってこの一日を過ごすか

B:昨日と同じありきたりな日常を過ごすか

これを受験に置き換えてみると、

今日は〇〇を絶対に克服するんだ!という意思を持ったA君と

とりあえず勉強すればいいと思っているB君です。

 

これは主にコーチングタイムの時に見分けることができます。

皆さんはその日に何を勉強するか明確に決まっていますか?

何をどうすれば効率よく学習できるか考えていますか?

センター試験本番まで207日です!

長いように見えて皆さんは受験後恐らく言います、

「意外と短かったな」

今のこの時期は受験勉強にも慣れて、正直辛くて逃げたい気持ちにもなるかもしれません。

そんな時は

「この1日だけは頑張ろう!」

と意気込んでみてください!

そして、この受験までのこの1日を無駄にせずに全力で頑張ってください!

今日もブログを読んでいただきありがとうございました!

明日のブログは頼れる同期の鈴木担任助手です!

お楽しみに!

 

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★





***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


 

市川駅前校 担任助手 佐々布武志

 

2019年 6月 24日 錯覚

 

こんにちは!

明治大学農学部2年生伊藤誠人です!

 

今回の担任助手紹介は、【好きな言葉】についてですね!

私の【好きな言葉】は”常に周りの太陽になれ”です。素敵な言葉ですよね。

この言葉は私の大好きで尊敬している先輩から頂いた言葉です。


“苦労や不安を抱えても決して周りに見せず、むしろ輝いて周りを幸せにする人になりなさい”

そんな温かい意味が込められています。

担任助手はみなさんの太陽になれるよう全力でサポートしていきます。

みなさんの受験を全力で応援しています!!

市川駅前校担任助手14人の力を借りて必ず第一志望校合格しましょうね!

さて、今日は【錯覚】について話していこうと思います!
私は先日トリックアート美術館に行く機会がありまして、いろいろな仕掛けを堪能してきました!

この画像を見てください!

この画像の2つの赤い丸は同じ大きさなんです!不思議ですよね。

 

“そこに立体的に見えているものは、実は平面上のものだった”など、

“感覚器に異常がないのにもかかわらず、実際とは異なる知覚を得てしまう現象のこと”

これが【錯覚】です。

この【錯覚】は勉強においても言えることではないでしょうか?

例えば…

・勉強出来なかったのは自分に原因があるのに問題が難しかったと錯覚してしまう

・周りにはたくさん自分以上に勉強している人がいるのに、自分は頑張っていると錯覚してしまう

・数学の点数の上がらない本当の理由は公式を理解していないことなのに、演出問題ばかり解かないといけないと錯覚してしまう

などなど自分でよく考えてみましょう!

物事の本質を理解して問題解決に挑まないと、改善は挑めません。

模試の解き直しや日頃の勉強習慣について自分自身でで分析することが大事です。

それを踏まえて、どんなことをしたらいいのかを見つけましょう!

その手助けは担任助手にまかせて下さい!

第一志望校絶対に合格しましょうね!

今日も市川駅前校のブログを読んでいただきありがとうございました。

明日のブログはキリッと爽やか佐々布担任助手です!

お楽しみに!

 

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★





***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


 

市川駅前校 担任助手 伊藤誠人

2019年 6月 23日 VICTORY LOVES PREPARATION

こんにちは!

青山学院大学経営学部経営学科2年の川森大輝です!

最近はとんと暑くなってきましたね。

町ゆく人がみんな半袖になってきて

ついにが来たのかと身震いします。

このをどう生かすかで

半年後のみなさんがどうなるか決まるからです。

応援しています。


 

ところでみなさんには格言とかはありますか?

座右の銘とかですね。

今担任助手の好きな言葉ということで

ブログに書いているのですが、

私はこれです!

タイトルみてください。

 

この英文ですね。

【Victory Loves Preparation】

意味はわかりますか?

直訳すると

「勝利は準備を愛す。」

ようは

準備が勝ちを引き寄せる

準備が勝敗を分ける

ということです。

 

この言葉は

Jason Statham (ジェイソン・ステイサム)

が主演を務める

「MECHANIC」

というアクション映画の中に

でてくる主人公の恩師の言葉です。

劇中では

視聴者には全く想像していない

不測の事態が起こっても

信じられないほどに用意周到

主人公に驚かされます。

彼は私のアイドルです!

 

話逸れました。

【Victory Loves Preparation】

この言葉はだれにとっても共通すること

であって

誰もが納得するんじゃないか

と思います。

この言葉を知ったのはつい2週間前

なのですが、

生まれて初めてしっくりきた言葉でした。

 

みなさんもそう思う経験は多いんじゃないんでしょうか?

 

例えば部活をやっていた人なら

「この大会で優勝するために」

「あの学校に勝つために」

「夏のコンペティションで金賞とるために」

普段練習努力をしていたのではないでしょうか?

このことだって立派な

「準備」です。

 

優勝できた時や勝った時には

「あの練習が役に立った」

「あの時やっといてよかった」

と思うと思いますし

負けてしまったり悔しい思いをしたときには

「あの時もっと練習していれば」

「あの時やっておけば」

となりますよね?

 

だからこそ

【Victory Loves Preparation】

なんです。

勉強だって一緒ですよね?

成績のためには

結果を出すためには

第一志望校に合格するためには

誰であれ

「準備」

が必要です。

「準備」の質が高かった者ほど

いい結果がでます。

「準備」こそ勝敗を分けます。

 

すっごく当たり前のことを

長々書いていますが

みなさんは

「準備」

できていますか?

 

みなさんが求める結果に対して

本当に「準備」

できていますか?

その「準備」の質で

本当に第一志望校に合格できますか?

 

きっとまだまだ

「準備」の質を

高められるんじゃないでしょうか?

 

どんな問題が出されても

どんな環境であっても

必ず結果が出せるような

最高の「準備」

みなさんはして本番に臨んでほしいです!

この

誰にも負けない努力

「準備」してください。

 

今日も市川駅前校ブログを読んでいただきありがとうございました!

明日のブログはいつも笑顔満天の

伊藤担任助手です!

「錯覚」についての話のようですね。

みなさん錯覚してませんか?

明日も必見です!

お楽しみに!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 川森大輝

最新記事一覧

過去の記事