今日という日は? | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2019年 6月 25日 今日という日は?

こんにちは!

國學院大學法学部政治専攻の佐々布武志です!

最近は英語の勉強を頑張っています!

しかし受験生の時より英語にかけられる時間は短いので結果に現れるのが遅いです(笑)

受験生の皆さん!一緒に頑張りましょう!

 

〜担任助手紹介〜 テーマ好きな言葉

私の好きな言葉は「今日という日は残りの人生の最初の日である」です!

この言葉は、私の高校時代のサッカー部の顧問の方が仰っていた言葉です。

それは私が高校3年の夏、最後の試合で敗退した後のミーティングの時でした。

試合に負けて落ち込んでいる選手たちに先生はその言葉をかけてくれました。

「今日という日は残りの人生の最初の日だ、これで君たちのサッカー人生は一区切りだがまた新たなスタートの日でもある。それをどうモノにするかは自分次第だ、頑張りなさい。」

この話を聞いた私は

”切り替えて次の目標に向かって努力しよう”

と思いました。

その時私は、今まで9年間続けていたサッカーを辞める寂しさ負けた悔しさでどん底まで落ち込んでいました。

そんな自分にあえて甘い言葉を掛けず勇気を与えてくれた顧問の方には感謝しかないです!

ちなみに調べてみたところこの言葉はアメリカの映画の有名な言葉らしいです(笑)

 

それでは!本日の本題に移ります!

本日の話題は「今日という日は?」です。

〜担任助手紹介〜と同じ話題ですね(笑)

 

皆さんにとって今日はなんの日ですか?

おそらく皆さんは長い受験生活の1日としか思ってないでしょう。

それがダメとは誰も言いませんし当たり前だと思います(笑)

しかしその中でも二つに分かれます。

 

A:目標を持ってこの一日を過ごすか

B:昨日と同じありきたりな日常を過ごすか

これを受験に置き換えてみると、

今日は〇〇を絶対に克服するんだ!という意思を持ったA君と

とりあえず勉強すればいいと思っているB君です。

 

これは主にコーチングタイムの時に見分けることができます。

皆さんはその日に何を勉強するか明確に決まっていますか?

何をどうすれば効率よく学習できるか考えていますか?

センター試験本番まで207日です!

長いように見えて皆さんは受験後恐らく言います、

「意外と短かったな」

今のこの時期は受験勉強にも慣れて、正直辛くて逃げたい気持ちにもなるかもしれません。

そんな時は

「この1日だけは頑張ろう!」

と意気込んでみてください!

そして、この受験までのこの1日を無駄にせずに全力で頑張ってください!

今日もブログを読んでいただきありがとうございました!

明日のブログは頼れる同期の鈴木担任助手です!

お楽しみに!

 

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★





***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


 

市川駅前校 担任助手 佐々布武志

 

過去の記事