数学小噺 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2019年 6月 26日 数学小噺

 

おはようございます、こんにちは、こんばんは!

成蹊大学理工学部システムデザイン学科1年鈴木正真です!

最近、理系だと言うと未だに驚かれる時があります。非常に文系顔らしいのですが、『理系』です!しっかり数学Ⅲまでやってました!!!理系の質問・相談、なんでも受け付けますからね!!

 

〜担任助手紹介〜 テーマ「好きな言葉」

ということで僕の好きな言葉は

「覚悟」とは、暗闇の荒野に進むべき道を切り開く事だ

です。

 

これは僕が愛してやまない漫画、『ジョジョの奇妙な冒険』第5部の主人公、ジョルノ・ジョバァーナのセリフです。

昨日のブログで佐々布担任助手が、受験後の皆さんが「意外と短かったな」と言うであろうと予言しています。それは間違っていないのですが、物理的に206日は206日です。206日=4944時間=296640分=17798400秒です。いざ終わってみたら短く感じても、その際中は異常に長く感じてしまうものです。異常に長く感じる一方で、全然足りなくも感じるので不思議ですよね。

そこで重要になるのは佐々布担任助手も言っている通り、「その日に何を勉強するか明確に決まっているか」です。

受験勉強は常に暗闇の荒野を歩くようなものだと思います。勉強しなければならない事は無限にありますし、何が正しいのかも分かりません。

そのなかで自分自身の道を決めるのは自分自身だけです。

「覚悟」を持って受験勉強に取り組んでいきましょう。


さて!

 

冒頭でも言いましたが、僕は『理系』です!

先日相川担任助手が物理・化学について話してくれているので、僕は数学について話したいと思います。

 

現在の高等学校指導要領では数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲがあります。2022年以降は新課程に移行となり数学Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ・Cとなります。

この科目名の区別というのは、一応難易度や分野別とされています。しかし、受験勉強においてここの区別はあまり関係ありません。例えば、Ⅱの微分積分はⅠの二次関数分野が理解できているという前提で展開されます。Ⅲの極限は、Ⅱの数列が理解できてる前提で展開されます。

 

このように、出題上の範囲はあっても、解答する上では無意味と言えます。

 

つまり何が言いたいかというと!

数学というもの全体を体系的に捉えることが重要

なのです!

 

日頃の勉強から、意識して科目名を越えた派生事項などを絡めて勉強すると、その「体系的に捉える」という意味が分かってくるのではないかと思います。

ぜひ、数学という学問自体を好きになってください。

 

なんだか非常に抽象的になってしまいましたね…。

今回は『数学に対する意識編』ということで、ここまでにして、次回は具体的な勉強法について話したいと思います。

 

あ!何か分からないことがあれば、いつでも僕に聞いてくださいね!理系なので!!

 

本日も市川駅前校のブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

明日のブログは非常に非常に非常に明るい同期の、前田担任助手です!お楽しみに!

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★





***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


 

市川駅前校 担任助手 鈴木正真

過去の記事