未来を描く | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2019年 5月 27日 未来を描く

 

こんにちは!

明治大学文学部文学科の森優翔です! 

最近暑くなりましたが、このブログも熱く書いていきたいと思います。

 

〜担任助手紹介〜

テーマ:担任助手の夢・志

初めに、自分の夢を語るということはとても素晴らしいことです。夢を宣言するわけですから、自分がやらなければという使命感が生まれます。そして何より、夢を応援してくれる多くの人たちと出会うことができます。何かしらの手助けを受けることもあるでしょう。夢を語ることは、夢を叶えるための第一歩なのです。

そんな私の夢は、高校教師になることです!

(最近は大学院まで行こうかなとも思っていますが。)

昔から何かを教える(語る)ことが好きな方でした。加えて、英語を学ぶことも好きです。この二つを同時に叶えられるのは何かと考えたら、先生という夢が出てきました。単純な決め方です。それでも立派な夢です。

夢の価値は一律だと思います。もちろん例外もありますが、その人が本気で叶えたいと思っているなら、他人の評価は関係ありません。とても素晴らしい夢です。そういう意味で夢の価値は一律です。

夢は職業だけとは限らない話をしたいのですが、それはまたの機会にしたいと思います。

 

今回は、夢の深堀についてです。皆さんは自分の夢をどこまで具体的に描いているでしょうか?ここで大事なのは、“描く”ということです。先ほどの私の夢は高校教師だということをお話ししました。この段階では“描け”ていません。“見て”いるだけです。

文学部だからこういうことを言ってるわけではありません。とても大事なことなんですよ!

メリットその1

夢が具体的に描けると今まで漠然としていたものが、とても身近に感じられるようになると思います。夢の一番怖いところは、その大きさ故に挫折したり、諦めたりしてしまうこともあります。ただそれが身近に感じられれば、挫折はしても諦めることはなくなると思います。

メリットその2

今後の活動が変わっていくと思います。どういうことかと言いますと、やらなきゃいけないこと・自分に足りないことが明確になるということです。例えば僕の場合、“生徒に英語を教えるがどうせ教えるら、英語を楽しいと思ってもらう・受験で英語を武器にしてもらう・森先生に英語を教えてもらってよかったと言ってもらう”という具体的なことがあります。このためには、英語の高い知識・厚い信頼・授業の進め方の工夫が必要になってきます。信頼・授業の工夫は今は出来ませんが、高い英語の知識は今から始められますし、今から始めないと間に合いません。先ずは大学での授業を大切にしていきたいと思います。

 

どうでしたか?夢を描くことの素晴らしさが伝わったでしょうか。今から全てを具体的にするのは難しいとは思いますが、少しずつでも描いてみてください。きっと、人生の道しるべになると思いますよ!

〜追記〜

今回“あつい”と読む感じを三種類使いました。文学部的工夫、お楽しみ頂けましたか?

 

明日のブログは、杉原担任助手です!

お楽しみに!

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★





***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 森優翔

最新記事一覧

過去の記事