試験本番の心得 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 1月 24日 試験本番の心得

こんにちは!國學院大學法学部政治専攻の佐々布武志です!

担任助手紹介 テーマ「受験当日の体験談」

自分のブログでは「試験本番に力を発揮する方法」にも触れていきたいと思います!

私佐々布は

去年のこの時期今の受験生のようにセンター試験に臨み

私立大学の受験に臨んでいました。

受験生の皆さんは初めての大学受験である

「センター試験」に臨んだと思います

そして同じく低学年の皆さんはセンター試験の同日体験受験を受験したと思います

その時皆さんはどのような気持ちでしたか?

ここで佐々布の体験談に入ります。

僕は去年、センター試験を

東京大学本郷キャンパスで受験しました。

そして、いざ本番を迎えると、

佐々布は過去にはない緊張に襲われます。

最初の政治経済の試験では手が震えるほどでした(笑)

それまでは試験本番で緊張することはないだろうと思っていたので

より試験に集中することが出来ませんでした。

そしてセンター試験が終わり、その原因を考えました。

自分の中で思いついたのは以下の三点です。

・毎回の模試をただの模試だと思って受けていた

・試験前に何を勉強するか・ルーティンを決めていなかった

・自身が持てるほど最後の追い込みが出来ていなかった

これらをどうにかしようと今の時期は常に考えていました。

これが、わたくし佐々布のセンター試験受験体験記です。

このことから!受験生&低学年の皆さんに行って欲しいことがあります!

【受験生へ】

センター試験お疲れさまでした!

皆さんはこれから二次・私大の受験に向けて日々努力を重ねるでしょう。

そこで!私佐々布からは2つのアドバイスを伝授します!

①試験前にその大学の長文を読む(英語)

→これは試験本番で焦らないように、その大学の過去問に最後まで慣れるためです。

これを行うと、過去問演習で皆さんが行ってきた

その大学の問題の解き方が、初見の問題でもすんなりできるようになります。(これも佐々布の体験)

ぜひやってみてください!

ちなみに、よくいる「単語帳を試験直前に適当に流し読みする」ことは個人的にお勧めしません。

もしやるなら、よく悩んでしまう単語に絞ってみるべきです!

②ルーティンを決める

皆さんは第一志望の時間割は把握していますか?

(大学によっては未発表)

皆さんは当たり前だと思いますが日々の受験勉強で

「第一志望に受かるための準備」を普段しています。

そのため、試験本番の日に

何時に起きるか

試験前に何を勉強するか

どの問題から解き始めるか

これも「第一志望に受かるための準備」です。

大学のHPを見れば時間割等は掲載されています!

できる限りの準備、ルーティンは決めて本番に臨みましょう!

【低学年へ】

昨日の説明会や他の担任助手の人たちから

同日の事やこれからの事は多く聞くと思うので

私佐々布から話すことは1つです。

「毎回の模試を本番だと思って受験してください」

これが出来るか否かでは受験結果が大きく左右してきます。

同日の結果で合否に大きく影響がある話はよくされていると思います。

その中で一刻も早く先輩得点に届かなければと思っている人も多いのではないでしょうか?

これから多くの模試を受けると思いますが

その1回1回が本番だと思ってください

結果が出なかったら悔しがってください

そのたびに皆さんは大きく成長します。

このブログを見た皆さんは

模試でこのような意識をすることをここで約束してくださいね!

 

以上佐々布でした!

今日もブログを読んでいただきありがとうございました!

明日のブログは木田担任助手です!

 

お楽しみに!

新年度特別招待講習申込受付中!

【お申込みは 0120-104-381

市川駅前校までお電話下さい!】

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


 

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


 

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


 

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 佐々布武志