受験に一番大事なのは仲間 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 10月 21日 受験に一番大事なのは仲間

こんにちは!法政大学情報科学部4年の保坂です。

 

今日はいきなり本題に入ります。

 

受験は一人でやるべきか?やらないべきか?
受験を終えた自分は答えを持ってますが、最近改めて考え直してみました。

 

特に東進ハイスクールは場所を問わずに受講もできるし、
高速基礎マスターなどその他のコンテンツを使えるので、
校舎に通わなくても「東進のコンテンツ」は使えるんですね。

 

東進のコンテンツはかなり洗練されていて、
講義も一流講師陣が念入りに準備してくれてますし、
今年度からはAIによる一人ひとりにあった学習すべき単元を絞り出してくれるコンテンツも誕生しました。

 

一人で受験勉強するのに十分なコンテンツがそろっています。

 

 

 

でも、東進生は皆、校舎に毎日登校して来てくれるんですよ。
何ででしょうね。

 

僕も受験生の時は毎日校舎に行っていました。

 

もちろん、家だと誘惑が多くて集中できないからとかのネガティブな理由もあるかとは思います。
ただ、生徒たちに「なぜ毎日校舎に来てるのか?」と聞くと、
仲間がいるから。

と多くの生徒が答えてくれます。

おそらく、受験生だったころの僕に同じ質問をしても同じ答え方をしていたと思います。

 

やっぱり、人間はコミュニティで活動することでしか成長できないなと感じています。

これは、長年担任助手をやってきて、いくつもの事例から感じるものです。

 

東進の担任・担任助手によるコーチングと
グループミーティングの仲間、校舎にいる先輩・仲間・後輩
の存在が必要不可欠なんです。

 

人は、自分よりはるかにできる人と一緒にいると憧れはしますが、
かけ離れすぎてて、なかなか成長しないんですよね。

 

人は近しい人たちと共に行動し、成長する習性があります。
近しい人の成長が一番の刺激になるんですよね。
そして、そこで切磋琢磨することでより効果的な成長ができるんです。

 

そういった意味でも講義だけの予備校より、
1on1の家庭教師や個別指導より、
仲間と切磋琢磨できる環境がある東進が一番だと思います。

 

東進生の皆さん、東進で出会った仲間は大事にしてください。
そして最高の同志として切磋琢磨してください。

一生の仲間になります。
僕が受験生だったころのグループミーティングのメンバーとは未だに会ったりしてます。

 

 

東進生でない皆さん、ぜひ東進に一度来てみてください。
東進にしかない、最高の環境があります。

 

 

スタッフ一同、校舎でお待ちしてます!

 

 

明日のブログは

鈴木担任助手です!お楽しみに!

 

 

東進1日体験実施中!

【お申込みは 0120-104-381

市川駅前校までお電話下さい!】

 

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



 

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***

市川駅前校 担任助手 保坂和久