これからの準備 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2019年 12月 10日 これからの準備

こんにちは!明治大学文学部文学科の森優翔です。最近、自動車学校で路上に出始めました。外での運転はとても気持ちよくて、楽しいですね。早く誰かを横に乗せて、ドライブに行きたいです!免許を取るのが先か、隣に乗せる人ができるのが先か。神のみぞ知るところです。

今回のテーマは「12月模試について」です。僕は実際のところ、受けてないんです。家にずっと引きこもっていました。家に出なくても過去問があったので、外に出ずカリカリと問題を解いていました。やはり、模試を受けないと周りとの差はわかりません。自分ではできているつもりでも、それはまだまだ足りないところがあったり。周りが見えないのはとても怖いことですが、僕は「受験は孤独との闘い」だと割り切っていたので、何とかやっていけていました。実際本番になっても、周りの人たちの学力はわかりません。自分よりも頭がよさそうと思うのは事実です。対策法は人それぞれだと思いますが、一番は今までやってきた自分を信じてあげることです。なぜかは分かりませんが、最後は受かると自信を持っている人が受かります。受験がすべて終わったときに分かることだとは思いますが、騙されたと思って自信を持ってみてください。でもまずは、自信が持てるほどたくさん勉強することですね。

さて話は変わって、「引きこもりのメリット」について話したいと思います。僕の将来は公務員なので、リスクが大きすぎることはしません。そんな僕が引きこもった理由をお話します。

風邪をひきにくい

ほぼこれに尽きると思います。周りとのかかわりがなくなるので、その分風邪のリスクも下がります。

親がすごく気にかけてくれる

家に引きこもり始めてから、親がやけに気を使ってくれるようになりました。たびたびホットミルクやチョコを持ってきてくれたり、ご飯を二回まで持ってきてくれてたり。親は一階でテレビを見て大爆笑をして、笑い声が漏れてくることもありましたが、それはそれでリラックスできました。

一人になる準備ができる

本番は必ず一人です。周りに誰もいない中で戦う準備をすることで、本番も少しはリラックスできるのではないでしょうか。

 

受験でよくあるのが、「受験は団体戦論 V.S. 個人戦論」です。きっといつになっても答えは出ないと思いますが、何があっても本番は一人です。確実な孤独に備えてみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

明日のブログは、相川担任助手です。お楽しみに!

 

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 森優翔

最新記事一覧

過去の記事