ライバルの存在 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 11月 15日 ライバルの存在

こんにちは!

明治大学農学部1年の伊藤誠人です!

私は明治大学生田キャンパスに片道1時間半ほどかけて通学していて、様々な駅を通って学校まで行っています。

するといたる所の駅に東進の冬期特別招待講習の看板があるのを見かけます!

申し込みはすでに始まってますのでぜひ利用してみてください!

下をタップ↓

 

 

 

さて、今日は「ライバル」についてお話したいと思います!

あなたは、ライバルを意識して毎日過ごしてますか?


ここで少し私の話をさせてください。

私は負けず嫌いでした!

幼稚園の頃から私は運動会でも絶対負けたくなかったしお勉強も誰にも負けたくなかった頑固者でした。

ただ、小学校中学高校とたくさんの人に出会ってだんだんと最初の気持ちが薄れていってしまいました。

「学校の中だけでもこんなにすごい人たちがいるんだ」

そんな気持ちに自分を過小評価するようになっていました。

 

高校の頃、私には友達でありライバルである存在がいました。

(勝手に私がライバルとしたので彼は気づいてないです笑)

彼はとくに突出して何か凄いことをできる能力を持っていた訳では無いですが、彼なりに一生懸命に努力している姿を見て私は心を打たれました。

彼も頑張ってるなら私も頑張れる、負けたくないな、そんな気持ちがいつの間にか芽生えていました。

受験生になっても互いに勉強や日々の計画など毎日のように話して模試の点数で時に喜び時に悲しみ喜怒哀楽を共有して成長していきました。

私は模試で第1志望はE判定以上の判定を拝めたことがありませんでした。

そんな中、私は受験期の11月に第1志望校のランクをひとつ上げる決意をしました。

少し周りには驚かれましたが、その彼は全く驚かず「頑張ろうな」と言ってくれました。

その言葉に自信をもった私はなんの迷いもなくひたむきに勉強を続けることが出来ました。

そんな大切な存在、そんなライバルに刺激を貰えたことで受験を乗り越え今大学に通えているんだなと思います。

彼にはほんとに感謝で感謝でいっぱいです。

 

 

少し話が長くなりましたが、

私が伝えたいことそれは、

ライバルを意識して毎日勉強してほしいということです。

自分で設定したライバルの行動は無意識にチェックしたくなるものです。

ライバルを越えたいのであればその人以上の行動をすればいいと思います。

大学受験においては目に見えないライバルが全国にたくさんいるのです。

そんなライバルを思い浮かべるだけでやる気が出てきませんか?

 

あとは自分を信じ続けてください。

必ず結果はついてきます。

迷わず第1志望校にむけて突っ走ってください!

 

 

本日も市川駅前校のブログを読んでいただきありがとうございました!

 

 

明日のブログは受験生の頃から頼りにしている信之介さんです!

明日もお楽しみに!

 

東進1日体験実施中!

【お申込みは 0120-104-381

市川駅前校までお電話下さい!】

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 伊藤誠人