今日の1点、本番の1点 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 6月 1日 今日の1点、本番の1点

 

みなさん、こんにちは!

早稲田大学教育学部

(教育学科教育学専修初等教育学専攻)

4年の宮野瑛莉果です。

改めて所属している専攻の名前の長さに驚いています(笑)

 

きのうの鈴木担任助手のブログでは

私の1年生の4月頃の写真と共に

大大大好きな担任助手として

紹介されました…

ものすっっっごく

にやけました、嬉しかったです^^

というのは置いといて、

今日もブログを全力で書いていきます!

 

きょうのブログはずばり、

『今日の1点、本番の1点』

 

「単語テスト50点満点中45点。

まあ満点じゃないけど、

9割いったし

とりあえずOK!OK!」

 

こんな経験みなさんにもありませんか?

 

学校の単語テスト、定期試験、模擬試験

受講の確認テスト、修了判定テスト…

みなさんが受験勉強している中で

ほぼ毎日といっていいほど

大なり小なり

テスト

というものがあるはずです。

 

『1点の重み』

あるいは

『その1点に100人がいる』

 

これらの言葉を聞いたことありますか?

 

現役生である高校生のみなさんは

まだ大学受験を経験したことないので

想像するのが難しいかもしれませんが、

ちょっと想像してみてほしいです。

 

自分の第一志望校の試験が終了し、

合格なのか不合格なのかわからず

待つことしかできないみなさんは

どんなことを考えるでしょうか。

わたしは、

「あの問題正解しているかな。」

「1問でもいいから1点でもいいから

何とかして合格点に届かないかな。」

なんてことを考えていました。

 

普段のテストでは

せいぜい

「何点とれたかな。」

程度なのに、

入試では

「1点でも…。」

懇願していました。

 

たしかに

普段のテストで1点多く取ろうが

第一志望校合格に直結しません。

 

でも

普段のテストで1点でも多くとろうと

勉強に向き合い

テスト終了の最後まで

あきらめずにペンを握りしめている人と

そうでない人なら

きっと前者が入試でも1点にこだわれると

思います。

 

『本番の1点にこだわりたいなら、

今日の1点にこだわるべき』

です。

 

神様が見ているからそういう姿勢でいろ

とかそういうのではありません。

ですが

やはり普段の姿勢で本番の姿勢

すなわち合否を分けると思います。

 

じゃあ!普段から1点にこだわろう!

そういま思った人は

何を意識したらいいのか

お話します!

 

意識すべきことは

たった1つです。

「自分の結果に責任を持つ」

ことだと思います。

 

その意識があれば

テストまでの勉強の姿勢

テスト中の最後までこだわる姿勢

結果を見て考える姿勢

がぐんっと変わります。

 

どんな小さなテストに対しても

この意識を持てると

きっと『本番の1点』

にこだわることができ

合格へ近づくと思います。

 

東進生で

確認テストや修了判定テストで

SSまでこだわれていないみなさん。

その1つ1つで合否は変わります!

担当担任助手から

「修了判定テスト

SSじゃないじゃーーん」

なんて言われる前に

こだわれるようにしましょう☆☆

 

今日もブログを読んでくださり

ありがとうございました。

 

明日のブログは…

彼女はどこにいてもすぐにわかります!笑

それくらい

明るい笑い!明るい声!

(数学の質問対応している時だけは

静かなので見つかりません。)

校舎の元気の源!吉田担任助手です。

おたのしみに☆☆

ご好評の個別入学説明会

毎日18:00と20:00に実施中!

【お申込みは 0120-104-381 市川駅前校までお電話下さい!】

 

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***

市川駅前校 担任助手 宮野瑛莉果

過去の記事