受験生を振り返って、、 | 東進ハイスクール 市川駅前校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 9月 19日 受験生を振り返って、、

こんにちは!埼玉大学教育学部3年の池田です!

9月も半ばになってしまいました。高校生のみなさんはいかがお過ごしでしょうか。

私は実はただいま教育実習中です!小学校にて頑張っております。

 

なかなか校舎に行ける機会が減ってしまって悲しいですが、市川駅前校の皆さんを離れた場所から応援しています。

 

さて、今回のブログのテーマは

受験生時代の後悔」です。

 

毎年、自分の担当の受験生にこんなお話をしています。

 

受験は第一志望大学学部に合格した一握りの人間以外、少しの後悔は絶対あるもの

少しでも受験が終わったときに笑顔で終われる行動を

 

私自身、併願の私立大学こそ合格はある程度いただきましたが、国立の第一志望合格は達成していない人間です。

(そもそもセンター試験で心が打ちひしがれ、第一志望に出願せず、合格可能性A判定だった現在の大学に出願しています。

第一志望を「受験」すらしていないのです。)

 

その結果自体、今は後悔はないです。

 

しかし、受験生活を振り返ったとき、後悔の種がいくつか浮かんできます。

 

「あの夏休みもっと勉強できたのではないだろうか」

「受験勉強を始めた時期は適切だっただろうか」

「好きな数学、物理に逃げ、英語をおろそかにしすぎたのではないだろうか。」

 

正直考え出したらきりがないです。

だからこそ、今受験生、もしくは今後受験生になる皆さんには

「選択」のときに

この選択であれば後悔しない、という選択を常に選んでいってほしいのです。

 

例えば、高1,2年生であれば、

 

「今日部活疲れたから、校舎行くのやめようかな」

と登校せず、帰宅してしまう日はありませんか。

その選択、受験が終わったときに胸を張れるでしょうか。

 

受験生であれば、

模試や過去問の復習疎かになっているものはありませんか。

 

時間や環境を言い訳にあなたがしたその選択。

それでもその範囲から第一志望大学の一問が出るかもしれません。

そんなの、たかが一問だろ、という人もいるでしょう

しかし、その一問に苦しめられた受験生を近く見てきました。

 

 

人間は弱いです。楽な方、簡単な方に逃げてしまう。

 

だからこそ、1年後、2年後の自分を想像し、笑顔で進んでいけるような選択を常に意識してほしいです。

私は 努力をすれば必ず報われる とは思いません。

そうでなかった人を多く知っているから。

 

それでも、今努力することは未来の自分の後悔の種を減らし、未来の自分のために役に立ってくれます。

未来を決めるのは今の自分次第、頑張りましょう!

 

 

 

本日も東進ハイスクール市川駅前校のブログを読んでくださり、ありがとうございました。

明日は2年前の池田担当、古谷担任助手です!お楽しみに!

 

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

 

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

 

 

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***



市川駅前校 担任助手 池田 周登