夏休み活用法 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2019年 7月 28日 夏休み活用法

こんにちは。

千葉大学教育学部小学校コース算数科選修1年

木田帆南です。

 

みなさん、最近急に暑くなってきてを感じますね。

 

ということで今回の担任助手紹介は

“夏休みに特に伸ばした分野”

についてですね。

 

私が夏休みに特に伸ばした分野

センター数学ⅠAです!

私は第一志望の二次試験の数学の範囲がⅠAまででした。

なのでⅠAを優先的に勉強していました。

 

そこで私がセンター数学ⅠA

伸ばすことができた理由についてお話していきたいと思います。

①基礎基本の徹底

とにかく公式という公式を全て覚えました!

数学は公式を知らなければ絶対にできるようにはなりません。

まずはを公式を完璧に覚えることが第一歩です。

覚える方法としてはまずはノートに公式を全てまとめ、

問題を解きながら公式を覚えていきました。

公式だけを覚えようとせず、問題を解きながら何回も公式を使って覚えるというのがポイントです!

 

②大問別演習

これはそのままの意味ですね。笑

大問別を横一列にたくさん演習しました。

ここで重要になってくるのは解いた後の復習です。

ただ解くだけでは点数には繋がりません。

何が原因で間違えたのか、

どのような力があれば解けたのか、

というのを必ず分析して下さい。

“必ず”です!

———————————————————————————————————————————————-

では、本日の話題に移っていきます。

 

みなさん夏休みが始まりましたが、

1日15時間の勉強できていますか?

時間だけはなんとか、、という人もいると思います。

 

では、15時間集中して勉強できていますか?

 

実は夏休みの長時間の勉強をしている上で陥りがちなのは

“とりあえず勉強している”

という状態です。

これはとても危険です。

勉強をしているのに点数が伸びない、

ということが起こる原因にもなり得ます。

実らない努力はしたくないですよね、、。

 

では、しっかりと点数に結びつけるためにはどのように勉強すれば良いのか。

それはずばり、

“何を伸ばすための勉強なのか意識する”

です。

 

わかりづらいと思うので具体例を出すと、

もしあなたがセンター英語の長文を読む勉強をしていたとします。

 

ダメな例

「英語苦手だしとりあえず長文でも読んでみよう」

です。

これでは成績の向上はあまり望めません。

 

次に良い例

「私は英語の点数が低い、

 その原因は長文読解のスピードが遅いからだ、

 遅い理由は長文読解に慣れていないからである。

 だから長文を早く読むためのトレーニングをしよう、

 今までは読解に15分かかっていたから今日は13分で読解してみよう。」

です。

 

このように今自分がやっている勉強は

何を伸ばすためにやっているのか

ということをしっかりと考えながら行うことで

勉強の効率が驚くほど上がります!

 

沢山の勉強時間が確保できる夏休みを

決して無駄にしないように、

意味のある夏休みにするために

ぜひ今日話したことを意識しながら

頑張ってください!

 

全力で応援しています。

 

今日もブログを読んで下さりありがとうございます。

明日のブログはしっかり者の佐々布武志担任助手です。


ぜひ読んで下さいね!

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 木田帆南

 

 

過去の記事