夏期合宿参加者に向けて② | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2019年 7月 16日 夏期合宿参加者に向けて②

こんにちは!
國學院大學法学部政治専攻の佐々布武志です!
〜担任助手紹介〜テーマ「これだけは負けない自分の強み」
自分の強みは“1つのことに本気になれる”事です。
例を挙げるなら部活動!私は小中高でサッカーを続けており、どんなに辛い練習でも怠ることなく熱心に取り組むことができました!
こうやってサッカーに夢中だった高校生活を振り返ると何か感慨深い気持ちになりますね(笑)
もう1つは受験のことです!
志望校に向けて駆け抜けていったあの日々は人生の中でもとても大きな一番の思い出ですね。
毎日東進に行き、音読会に出て、校舎が閉まるまで最後まで残る。
単調な日々でしたが、今考えれば全力で頑張っていた自分を褒めてあげたいくらいです(笑)
自分は1つハマるものや頑張ろうと思うことがあったらとことん集中できるタイプです!
これが自分の中では大きな強みだと思います

_________________________________________________________________________________________

今回のテーマは夏期合宿参加者に向けてpart2といたしましょう。
前回の自分のブログでは夏期合宿参加者に向けて、「第1志望にふさわしい自分になるには」というテーマについて書きました。

まだ読んでいない人はぜひ読んでみてください!


今回のブログでは
夏期合宿で掴んできてほしいものについて、自分の経験談も含めて話していこうと思います。


まずは私の話から。
私は去年の6月、東進に入塾し験に向けて大きなステップを踏みたく、東進の夏期合宿参加を決めました。
私も今の皆さんと同じく、合宿のアクセントテストで満点を取るために毎日音読会に欠かさず参加していました。
そして合宿初日、ついに単語・アクセントテスト本番を迎えました。
この日のために本気で取り組んだため私は満点を取る自信がありました。
しかし、結果を見てみると、、
「1ミス」
この結果を見てその時の私は相当ショックを受けていました。
あれだけ頑張ったのに、完璧にしたつもりなのに、
その時私は心に誓いました。


この5日間のテストで全て満点を取り、誰よりも成長する!


その勢いで迎えた最初のテストでしたが、そこでも満点を取れませんでした。
しかしその時私がとった行動としては、「満点を取っている子の勉強法を観察しマネをする」ことでした。
東進の夏期合宿には全国のライバル達が集まります。
この機会はこれからの受験生活において二度と訪れないであろう貴重な機会です。
私は先ほど言った”マネをする”ことで自分に合う勉強法をこの合宿で身につけることができました。
是非この機会にこれからの受験勉強の基礎となる自分にあった勉強法を掴んできてほしいです!
皆さんにもこの前のガイダンスで伝えた、「競争意識」「仲間意識」
この2つを大事にして合宿の5日間を過ごし、全力を尽くしてください!
そして、この夏期合宿の5日間でこれ以上にないほどの成長を私たちに見せつけてほしいです。
校舎に帰ってきて

「私はこんなにも変われた」「辛かったけど全力で頑張って乗り切ることができた」「受験までノンストップで頑張ります」

など、強い意志と覚悟を持った自分を見せてください。
皆さんなら絶対に変わることができます!
今までの皆さんの努力を間近で見てきた私たちだからこそ分かるのです!
私たち市川駅前校担任助手は全力で皆さんを応援しています。

今日もブログを読んでいただきありがとうございます!
明日のブログは後藤担任助手です!


彼女も去年東進の合宿に本気で取り組んだ1人です!
どんなブログを書いてくれるのか楽しみですね!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 佐々布武志

 

 

過去の記事