失敗する未来へ対策! | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 8月 16日 失敗する未来へ対策!

こんにちは!

青山学院大学経営学部経営学科3年の川森大輝です!

 

さて、8月も後半戦となってきましたね。私は元来、サッカー観戦が趣味なのですがその中で欧州サッカーリーグというもの(CL)がありまして、ご時世的に今まで通り基本的には家にいるようにしているのでよくみています。その中で、8/15に行われた試合がなんとも衝撃的だったんですよね。サッカーでありながら8-2というスコア結果になり単純に驚きました。負けたチームが優勝候補だったこともあって、現地では大きな衝撃だったようでそのチームの監督は責任を問われて解任となる見込みだそうです。結果がすべてな世界ってやはり厳しいなと強く思いました。

 

みなさんは、特に将来の結果についてどのように考えていますでしょうか?

これまでの人生経験の中で結果がすべてだったことは多いのではないでしょうか。実際どんな場合であっても結果がすべてにあることが多いですよね。私自身このことに残念に思ったこともあるし、その逆によかったと思うこともありました。さてでは、大学受験ではどうでしょうか?

そりゃ基本的には大学受験は結果がすべてだろ!

という意見の方の方が多い、むしろそうではないと考える人の方はほぼいないのではないでしょうか。大学は結果が出せないのであれば入学することが許されませんからね。私も実際、大学受験を経験して痛感しましたし、2年度にわたって生徒たちの合否を見ていても思いました。結果さえだすことができればそれでいいのです。このことは決して忘れないでください。

 

そしてやはり、結果を出すことができれば、みなさんはきっと後悔することはありません。

ああ、あのときこうしてたらうまくいっていたかもしれない。

そんな気持ちが生まれてくるのは、おおかた結果が出せなかった人たちです。ここで、今回言いたかったことを書こうと思います。

 

それは、

もし今後結果が出せないとしたらどこに原因があるのかを適切に分析しているのか

ということです。大学受験はゴールの頂上まで何度も難所を越えていく必要がありますが、その道中で上記のことを考えているかどうかはひとつのカギになると思います。たとえ難所越えで成功していたとしてもゴールを見据えてどこが不安要素になり得るのかを分析する必要はあると思いますし、失敗しているのならなおさらです。

 

結果を出すためにみなさんは頑張っていると思います。

結果が出る未来だけでなく、出ない未来があるかもしれないということを戦略的視点で持てる人は少ないです。ぜひとも、考えてほしいと思います!

努力は裏切らないといいますが、ただ努力するだけでは、普通に努力は裏切ってきますので、常に頭を使って戦略的に!

応援しています!

本日も市川駅前校ブログを読んでいただきありがとうございました。

明日のブログは

後藤担任助手です!

お楽しみに!

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 川森大輝