改めて”努力” | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 6月 29日 改めて”努力”

 

 

こんにちは!

明治大学農学部農学科3年の伊藤誠人です!

 

全国統一高校生テスト、中学生テストお疲れ様でした!

東進生のみなさんも一般生のみなさんも復習できてますか?

東進の模試は成績帳票の返却が最短で5日となっていますので、今わからない問題がすぐにわかるようになっています!

また、復習すべき単元や周りとの差をつけることができる単元まで、すべてが丸わかりになっています!

第一志望校の勉強はいつからでも早すぎることはありません!!

課題を洗い出して、次の勉強の目標を立てていきましょう!

 

さて本日は、”努力”について話していきます。

 

努力:目的,目標を実現させるためにつとめること

らしいです。

みなさんは、

①目的,目標しっかり持っていますか?

②実現させるためにつとめていますか?

 

第一志望校への強い想いがみなさんの目標の原動力となっているはずです。

改めて自分は○○大学に行くんだよ強い気持ちを持ってほしいです。

強い気持ちと抽象的な話をしましたが、第一志望校に決めたのはあなたですし、志望動機も自分自身がもっているものを貫き通してください。

人から何と言われようとも、自分は強い動機があり大学に行きますと言い返せるように見つめ直してほしいと思います。

 

①をもっていても、口だけの人間になってはいけません。

目標が実現できるのかを考え実行に移してください。

みなさんの挑む大学受験は、浪人生を含んだ全国の猛者が集う場所です。

(私の友達でも全国各地から明治大学に行きたいと思ってきている人もいますし、浪人している友達もたくさんいます)

みなさんはその人たちを追い抜かし、

そして同学年にも競り勝って志望校に合格しなければなりません。

では具体的にどうするのか?

まず勉強量で勝たなければなりません。

ここが現役生の強みだと思います。

(チリツモですね)

量より質だ。

と言っていい人は、それまでの過程で量をたくさんやってきた人が言うべきセリフです。

市川駅前校の生徒はもっともっと頑張れるみなさんだと思っています。

 

ここから言えるのは努力に対して

妥協しないことの大切さです。

みんなはこのコロナ自粛期間15時間勉強という目標を

掲げ勉強に取り組んできたと思いますが、

その意味しっかり理解しているでしょうか?

これはみんなの勉強習慣を鍛えるためのものです。

 

もう二度とあの時間は帰ってきません。

今年は夏休みも大幅に削られることから、夏休みの勉強量は例年の受験生と比べて少なる人が多いと思います。

その中で自分はどうやって勝ち抜いていくのかをよく考えてください。

 

もう一度言います。

まずは勉強量です。

最後に正しい場所で、

正しい方向を向いて、

十分な量なされた努力は裏切りません。

この全国統一高校生テストの模試をきっかけに、感動を覚えさえるくらい見違えてくれることを期待しております!

 

本日も市川駅前校のブログを読んでいただきありがとうございました。

 

明日のブログは古川さんです!お楽しみに。

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


 

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 伊藤誠人