最後の一秒まで | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 1月 11日 最後の一秒まで

こんにちは。千葉大学教育学部小学校コース算数科選修1年生木田帆南です。

 

今日のブログテーマは

「直前期に行っていた勉強」

ですね。

本番直前期にぴったりのテーマですね!私が直前期に行っていた勉強は

“苦手分野をなくす”

ことです!

 

入試本番ではどんな問題が出てくるかわかりません。

自分の苦手な分野や嫌いな分野が出題される可能性も十分に起こり得ます。

また、苦手な分野を克服しないまま本番を迎えることは、

本番直前に不安になってしまう要因でもあります。

どの分野が出題されても対応できる、という状態にしておくことは

本番で良い結果を出すのにとても重要なことです。

皆さんも自分の苦手から逃げずに苦手分野を克服し、

万全の状態で本番に臨みましょう!

ちなみに私は国語の古文がとても苦手だったので古文単語・文法・敬語などの暗記を直前に死ぬ気で詰め込みました!

苦手科目を勉強するのはエネルギーを使うと思うので朝のうちにやるのがオススメです!

ソース画像を表示

 

 

では、そろそろ今日の本題に入っていきます。

皆さんついに

センター試験まで

あと一週間

ですね!!

多くの人にとって初めての本番であるセンター試験がついに残り一週間に迫ってきましたね。

それぞれ様々な思いを抱えていると思います。

 

私がセンター試験を一週間に控えた受験生に、今一番伝えたいことは

最後の一秒まで諦めずに勉強をし続けてほしい

ということです。

これを皆さんに強く強く伝えたいです!

 

では最後の一秒まで諦めないでほしいということを何故こんなに強く伝えたいのか、

私の実体験を踏まえながら少し話していこうと思います。

 

私が受験生だったちょうど一年前、

私はセンター試験の一週間前に、センター試験予想問題を使って自分でセンタープレを行いました。

目標得点率は78%で、その点数を絶対にとる!と思ってセンタープレを行いました。

その時の結果がこれです。

目標の78%よりも約10%も低い69%しかとることができませんでした。

1月に入ってからの大半の時間をセンター試験の勉強にかけていた私にとってこの結果はとてもショックなものでした。

あと一週間で本当に10%も得点率を伸ばすことができるのか、

とてもとても不安になりました。

もしかしたら無理なのではないか、

と思い当時私の担当だった担任助手に「もう無理だ」と弱音を吐きました。

その時、「じゃあ今まで頑張ってきたのに今諦めていいの?」と言われ、

これから本番まで一週間やるべきことをやるしかない

と自分の中で決意を決めました。

残り一週間“全力でやりきった”と思えるくらいの努力をしようと思いました。

 

そこからの一週間は一秒も無駄にはしないという意識で勉強をしました。

そして最後の一秒まで諦めずに勉強をし続けました。

最後の一秒というのは試験が始まる一秒前までです。

センター試験の会場に向かっているとき、会場についてから、試験と試験の間の休み時間ももちろんです。

そして試験中も最後の一秒まで諦めずに解き続けました。

その結果、

目標であった78%をとることが出来ました。

私はその時心から最後まで諦めずに勉強をし続けて良かったなと強く思いました。

それと同時に最後まで成績は伸び続けるのだと身をもって経験しました。

 

 

なので皆さんにも絶対に最後まで諦めないでほしいのです。

皆さんはきっと今日まで沢山の努力をし続けたことだと思います。

私も担任助手として校舎で皆さんの努力を沢山見てきました。

きっと辛いことや苦しいこともたくさん乗り越えてきたはずです。

直前期は精神的に弱くなってしまうこともあるかと思います。

でも、今まで沢山努力してきた皆さんなら必ず乗り越えられるはずです。

そう確信しています!

 

ソース画像を表示

センター試験まで残り一週間がんばりましょう!

全力でサポートします。

 

本日もブログを読んで下さりありがとうございます。

明日のブログは鈴木正真担任助手です。

お楽しみに!

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


 

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


 

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


 

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 木田帆南

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事