模試は本番 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 10月 10日 模試は本番

こんにちは!!明治大学総合数理学部吉田彩乃です!!

私も夏休みが終わって、学校が始まりました。

初めての大学生の夏休みはとても楽しかったです!!

自分の中で一番の思い出は沖縄に行ったことです。


沖縄は結構旅行費が高くて、高校生の時は行けなかったのですが、やっと夢がかないました。

大学生は高校生の時にはできないことがたくさんできるので生徒の皆さんは

大学生活を楽しみにしながら受験を頑張ってください!!

 

それでは、本題です。今回は模試の受け方について話したいと思います。

今、模試をどのような気持ちで受けていますか??

人によっては、これから模試をたくさん受ける時期に入っていきます。

私の場合10月は毎週模試でした。

私はセンター試験が始まるまで(最後の模試まで)模試は模試だと思って受けていました。

ただ「判定をとりたい」とか「間違っても模試だから本番ならできる」とか

「できなかった問題ができるようになっているかな」とか「計算ミスはなくそう」という

問題のことしか考えていない気持ちで受けていました。

自分は経験しなかったことは考えません。

だから、マークミスは一回模試でやって20点落としていたので

毎回注意はしていましたがそれ以外は何も注意していませんでした。

この気持ちでセンターの受験日まで来ました。

数学の時間に思ってもいないことがありました。

今回は、本番だからいつもと違う気持ちで、「数学Ⅰじゃなくて数学ⅠAを解こう」と

開始時間の直前まで心の中で唱えていました。

そして、試験が開始して、英語の傾向が変わったので、数学の傾向も変わったのだと思って

それでも落ち着いて自分解けてると自分に酔って試験を受けていました。

しかし、とても傾向が違うなと感じて大問2が終わったころ

大問3が数学Aの範囲ではなくて気づきました。

自分が解いていたのは数学ⅠAではなく、数学Ⅰだったのです。

そこからやる気がなくなってしまい、センターの結果は悲惨でした。

この経験をしている人は私の友達にも何人かいます。

生徒の皆さんにもこのような気持ちになってほしくないから、

きちんと本番と同じような気持ちで受けてほしいです。

いつも行っている行動が本番にも現れます。

今一度自分の行動を振り返って模試を受けてみてください。

では、これから模試がたくさんあると思いますが、頑張ってください!!!

明日のブログは熱い川森担任助手です!!

熱いブログ楽しみにしてます!!

東進1日体験実施中!

【お申込みは 0120-104-381

市川駅前校までお電話下さい!】

 

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 吉田彩乃