模試の心構え | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 6月 16日 模試の心構え

こんにちは!

青山学院大学経営学部1年川森大輝です!

さてさてみなさん!この画像が示しているものはなにかわかりますか??

見ればわかる!夜の写真です(笑)

これは夜に自転車に乗って河川敷を走っていた時に暗すぎて記念に撮ったんです!夜中にひとりでこんなサイクリングをするのは結構楽しいものなんです。疲れますけどね、、。

だれもいないので快適に走れるって気分がいいです!やっぱりどんな状況でも、ひとりでいられる時間のほうが落ち着いたり、冷静になれたりすることがあると思うんです。

それは試験会場で特に言えるでしょう!ついに明日が全国統一模試の本番です!みなさんは今回の全国統一模試に初の外部会場で挑むことになりますよね?大学の講堂で受ける試験は新鮮で、逆に緊張すると思います。でも、本番はこのような会場で受けることになります!この経験をしっかり体に刻み込んで、本番に備えていきましょう!

ところで、みなさんは模試当日をどのように過ごしていますか?「もう試験はじまるし、今更勉強なんて」といって試験の合間に友達としゃべったり、ねていたりしていませんか?

もしそうなら今回からやめましょう!ぎりぎりまで単語帳を読みながら試験開始を待つことはとても意味があるんです。嘘のようですが、確認した範囲がちょうど出てきた!なんてことはよくあることです。

先ほども書きましたが、周りにひとがたくさんいるとき、その雰囲気に流されてしまうこともあります。「あそこ簡単だったよな!」「そこは絶対1だよね~」といった声が聞こえてくるのが試験会場というものです。私の経験として「あの問題の答え1だったんだ、、。」と勝手に落ち込んでいても結局は自分が選んでいた答えが正解だったことがあります。周りのことは気にせずに心置きなく試験に臨むことが大切です。

そして、最後まで決してあきらめないこと。空欄でマークシートを出さないこと。本番などでたとえ勘でかいた解答でも、正解なら正解になります。1点の違いで順位が100は変わるといわれるシビアな入試において1点でも取りに行く姿勢は、とても大切です!

そして見直しを必ずすること!どんなひとでもケアレスミスをするときがあります。大切な1点や2点をそんなミスで落とさないようにしましょう!あ、見直しをしたとき、「うわーどっちだろう~」ってなるときがあると思うんですが、そういう時は最初の回答を選ぶとあっていることが多いことが、研究結果としてあるそうですよ!ぜひ参考にしてください。

まとめると

①試験開始まで全力で準備!

②試験中に決してあきらめたり空欄を作らないこと!

③試験の合間などの雰囲気に流されないこと!

です!

全力を出し切って帰ってきてください!応援しています!!

 

明日のブログは最近なにかといえばラーメンラーメン言っている担任助手の幸村です!!

お楽しみに!!

ご好評の個別入学説明会

毎日18:00と20:00に実施中!

【お申込みは 0120-104-381 市川駅前校までお電話下さい!】

 

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***

市川駅前校 担任助手 川森大輝