私の当たり前。あなたの当たり前。 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2019年 9月 12日 私の当たり前。あなたの当たり前。


こんにちは!

青山学院大学経営学部経営学科2年の

川森大輝です!

 

私が受験生だったころに勉強中

特に聴いていたアーティストは

「ケツメイシ」

さんでした!

写真は昔LIVEに行った時のです。

私は歌を聴くことで応援される

とか勇気を与えられるなどの

感情は一切湧かないタイプ

なので、夏っぽくて

ノリのいい曲が多い

「ケツメイシ」さんの曲を

よく聴いていました。

その中でも

「また君に会える」

「RHYTHM OF THE SUN」

がお気に入りでした。

ぜひ聴いてみてください!

 

さて、

みなさんには当たり前というもの

ありますよね!

大辞林第三版では

だれが考えてもそうであるべきだと思うこと。

当然なこと。また、そのさま。

と解説されているこの

「当たり前」

今回は勉強に当てはめて

書いていこうと思います。

ある人は

一日3時間は勉強するのが当たり前

またある人は

一日8時間は勉強するのが当たり前

他の例としては、同じ模試を

受験したとして

この模試は

80点取れるのは当たり前

この模試は

185点取れるのは当たり前

というように

みなさんの志望校

みなさんが通う高校

みなさんの周辺の友人

みなさんの両親の考え

といった要因によって

勉強の当たり前には違いが

生まれています。

この当たり前にそって

みなさんは努力しているのでは

ないかと思います。

 

つまり、

当たり前のレベル差によって

みなさんの勉強量や質に

大きな差を生むということです。

 

簡単にいえばレベルの高い高校

に通う生徒は高1から受験勉強を

始める人が大半を占めるのに対し

あまり高くはない高校に生徒は

高3の夏休みから始める人が

大半を占めるという具合です。

 

これが当たり前のレベル差です。

 

みなさんには

この当たり前のレベルを引き上げる

ということをしてほしいと

強く思います。

みなさんの中で

当たり前のレベルが

上がれば必然的に

勉強量は増えるからです!

ぜひ上げてください。

 

レベルの上げ方として

私からひとつ例をあげると

とにかく所属している

コミュニティで常に

一番の量と質を

常に保つことを自分に課す

ということです。

みなさんの中で市川駅前校の

東進生の生徒は

校舎で一番勉強している。

というような状態は望ましい

ことなのではないかと思います。

東進に通っていない生徒は

通っている高校で一番勉強して

いるのは私だといえるか

どうかがカギだと思います。

 

ある意味単純なやり方だと

思いますので、

実践してみてはいかがでしょうか?

 

今日もブログを読んでいただきありがとうございました!

明日のブログは

前田担任助手です!

お楽しみに!

 

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 川森大輝