詰め込め! | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 1月 14日 詰め込め!

 

こんにちは!東京工業大学理学院物理学系岩瀬篤広です!

センター試験ももう残すところ一週間もないということですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今日は残りの時間で何ができるかについて書きたいなと思います!

1. 目標点近い点数が取れている人

この時期になると過去問や市販の問題集でもある程度点数が取れる人も多いかと思います。

だからといって演習をやめてはいけません。練習でできていても本番にできなければ何も意味がありません。

残りの時間でやったほうがいいこと1つ目は自分がミスりそうだなと思うところや、問題として出たら嫌なところを単元別に勉強するのがオススメです。

しっかり苦手や嫌いな分野に試験前に取り組んでおくことで本番で不安を無くせる、また自信を持って本番に望むことができます。

2つ目は時間対策です。本番に緊張してしまうかもしれません。

そうなると普段できる問題でも頭が回らなくなって焦ってしまう可能性があります。

そうなることを考えて短めの時間で問題演習をしましょう。

60分の問題を40分で練習しておけば、本番で万が一の時に時間に余裕があることで立て直すことができるかもしれません。

 

2.目標点がまだ安定して取れない人

焦る必要はありません。まだ時間は残されています。

まずは公式や基本的な知識を固めましょう。

覚えられないものは紙にひたすら書いて、言って覚えましょう。

気合いです!

そしてあとは問題演習です。毎回毎回本番だと思って解きましょう。

解く量が大事です。復習に多くの時間を割くのではなく、新しい問題をできる限り解きましょう。

復習は知らなかったことなどはその時その時で覚えるようにしましょう。

試験前一週間以内に覚えたことは本番まで残ることが多いと思います。

必死に詰め込みましょう。

 

センター試験が近ずくに連れて不安になるのはわかりますが直前期だからこそ手を動かしましょう。

直前にやっても意味ないという人もいますが直前にやる詰め込みで少しでも点数が伸びる気がしませんか?

それに最後勉強にてがつかなくて本番できなかったら後悔しますよね。

あの問題が出たら嫌だな、あの科目で失敗したら嫌だなということを考えて少しでもそうならないようにするために時間を使って欲しいなと思います。

皆さんならできると思います!頑張ってください!!

明日のブログは相川担任助手です。

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


 

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


 

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


 

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 岩瀬篤広

 

過去の記事