大学に行くということ | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 11月 4日 大学に行くということ

こんにちは!

立教大学文学部に通う2年生の鈴木優子です!

 

突然ですがみなさんは

なぜ受験をしようとおもいましたか?

 

多くの人が

周りのみんなが受験をするから

だと思います。

 

正直わたしもそうでした。

 

受験をした方が将来的に良さそうだから

周りがみんな受験するからそれが当たり前であると思っていたから

 

受験生の頃の私に同じ質問をしたら、こんな風にありきたりな答え方をしたと思います。

 

では少し考えてみてください。

 

本当に受験をすることは当たり前でしょうか?

 

現状日本では何割くらいの人が

大学や短期大学に進むでしょうか、

70%?

80%…?

 

正解は

 

52%です。

(2018年度)

 

どう思いましたか?

2000年あたりではたったの35%ほどでした。

昔に比べると大学の進学率は

どんどん増えてはいますが

それでも60%には満たないのです。

 

普段当たり前のように学校に通い

塾に通っていると

大学を目指すことが当たり前の

ことのように感じてしまいますよね。

 

しかし実際は当たり前で決してありません。

 

世界的に見ると学校にすら行けない子供達は

約6100万人います。

 

びっくりですよね。

 

皆さんはこのことを知って

何を思いましたか?

 

きっと多くの人が恵まれているな

と思ったと思います。

これは日本人の子供の教育費にかける

平均金額です。

数字にして見るとびっくりしますね。

 

これほどみなさんは恵まれた環境にいる

ということを決して忘れないでください

 

授業中寝ていませんか?

東進でとっている受講をなんとなくで

終わらせていませんか?

 

目の前にある教材を100%有効活用できなければお金をドブに捨てていることと同じです。

 

ご両親が汗水流して貯めてくれた

お金をドブに捨てられますか?

 

今一度自分の行動を振り返ってみてください

 

そしてぜひご両親に感謝の気持ちを

持ちましょう!

そしてその気持ちを行動で返してあげてください。ありがとうと言うだけではダメです。

これほどご両親の方はみんなに期待をしているということです。

 

みんなならできる、そう信じて

これほどのお金を払って

学校や塾に通わせてくれています。

 

決して今いる環境が当たり前でないことを

忘れずに感謝の気持ちを持って

受験に臨んでほしいです!

明日のブログは幸村担任助手です!

お楽しみに!!

 

東進1日体験実施中!

【お申込みは 0120-104-381

市川駅前校までお電話下さい!】

 

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 鈴木優子