早起きの秘訣って…? | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2019年 7月 7日 早起きの秘訣って…?


こんにちは。千葉大学教育学部小学校コース算数科木田帆南です!

 

さて今回の“担任助手紹介”

【集中力を上げる方法】ですね。

 

勉強を意味のあるものにするために集中力というのはとても重要です。

勉強時間はもちろん大切ですが時間だけ確保すればいいという訳ではありません。

 

つまり量×質です。

この質の部分を向上させる方法を紹介したいと思います!

 

私が受験生の頃にやっていた

【集中力を上げる方法】

“常に時間を意識する”です。

 

具体的に言うと、受講している時も自習をしている時も音読をしている時も

常に机の上に時計を置いてほしい

ということです。

 

ホームクラスや自習室には時計があると思いますが、

皆さんが勉強している時に常に見える位置に設置されてる訳ではありません。

常に時計が見える状態というのが大切です。

 

ではどうして時間を意識することが集中力を上げることに繋がるのでしょうか。

それについて説明したいと思います。

 

例えばあなたが

“12:00-13:00で英語の問題集を50問解く”

という予定を立てていたとします。

そこで12:30になった時点で解けた問題数が25問より少ないとき、

あなたは

“急がないと予定に間に合わない”

と考えると思います。

この気持ちが

“問題をもっと早く解こう”

という気持ちに繋がり、

そのためにはより集中して問題を解くことが必要となり、

最終的に集中力が上がる、

ということになるのです。

このように人は時間に迫られた時、必然的に集中力が上がります。

 

だから時間を意識すること

集中力を上げることに繋がるのです。

 

また、試験というものは全て時間内に行わなければなりません。

その点においても時間を意識しながら勉強をするというのはとても重要になってきます。

 

ぜひ皆さん、

机の上に時計を置いて

勉強してみて下さい。

 

きっと皆さんが思っている以上に

劇的集中力上がります!

 

 

 

ではそろそろ今日の本題に入っていきます。

いきなりですが質問です。

 

「皆さん、早起き出来ていますか?」

 

 

この質問に自信を持って「はい!」と答えられた人は素晴らしいです。

このまま継続していってください!

 

では、自信を持って「はい!」と答えられなかった皆さん、本当に今のままで大丈夫でしょうか?

 

皆さんも知っていると思いますが夏休みの1日の勉強時間は15時間です。

 

15時間の勉強時間を確保するためには最低でも朝7時から勉強することは不可欠です。

 

皆さん、現状で朝7時から勉強出来ていますか?

 

昨日のブログで児島担任助手が早起きするメリットについて話してくれましたが、

今日は早起きができていない人向けにお話をしようと思います!

 

 

今早起きができていないという人の中には

 

“朝早く起きるのがとても苦手、、、”

 

という人も少なくないと思います。(むしろ大半がそうだと思います)

 

実は私も朝はすっっっごく苦手です。

 

でも夏休みは毎日7時から勉強をしていました。

ではどうして朝が苦手な私が毎日朝7時から勉強できていたのでしょうか?

 

その秘訣は、、、

“早起きに慣れること”

です。

 

めちゃくちゃ単純なことですがめちゃくちゃ重要なことです。

 

人間はたとえ苦手なことであっても何度もその行為を繰り返して慣れることでできるようになります。

 

これは私の受験期で立証済みです!!

 

初めは少し辛いですが、

毎日早起きすることで段々と体が慣れ、

最後には当たり前に早起きができるようになりました。

 

今、朝起きることに苦手意識をもっている皆さんも毎日続けることで必ず早起きに慣れることができます!

 

そして早起きができる万全な状態で夏休みを迎えましょう!

 

今日もブログを読んで下さりありがとうございます。

 

明日のブログは鈴木正真担任助手です!ぜひ読んで下さい。

 

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★



★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★

 

 

 

***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***

市川駅前校 担任助手 木田帆南

 

過去の記事