受かる大学受からない大学 | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 1月 26日 受かる大学受からない大学

こんにちは!明治大学国際日本学部国際日本学科1年前田望那です!

~受験本番の体験~

今回のターンでは担任助手が受験本番での体験を書いていますね。

受験本番の帰り道で日記を書いてたのでそこに残ってたことを今日のブログに書いていこうと思います。

感じたことを忘れないように、反省を忘れないようにするために、印象が強かった入試の日だけ書いてました。

もともとすべての入試の後にその日あったことを書こうと思っていたのですが、時間がもったいなかったのでやめました。(笑)

本当にいろいろ書いてあったのですが、反省だけここに書こうと思います。

第一志望の時、自分で自分にプレッシャーを強くかけていたせいで、周りがいつも以上に気になってしまっていたこと。

併願校で受験慣れしてくると試験会場に着く時間が遅くなってしまっていったこと。(電車遅延などのリスク考えて早くいきましょう。)

自信ない問題が3つ以上続いたときに焦ってしまったこと。

一回受験で出て答えられなかったものをいろんな方向から復習しなかったために違う大学で出たときに間違えたこと。

大学受験あるあるだと思います。

一度自分がした反省を次の試験では必ず改善する努力をしましょう!

「今回は特別こんなことが起きちゃって本領が発揮できなかった」なんて言い訳するだけでなく、どうしたらベストパフォーマンスができたのかを考ええ、次に生かしてください。

自分を出し切れるかどうかで点数は大きく変わります。

一般受験で大学入学を目指す人にとって、入試の日は最初で最後の志望校へのアピールができる日です。全力で自己アピールしてきてください!!

自己アピールのイラスト(女性)


さて、受験が始まっている受験生もあと1年以上ある低学年の人もわかっていてほしいのは、

合格できる大学は自分が合格できると思っている大学だということです。

きっと大学受験の厳しさは簡単には想像つきません。

想像するのは難しいので想像してもらわなくて大丈夫です。(笑)

ただ、少しでも自分に隙があったら自分が望む結果にはならないんだということだけわかっていてください。

もちろん知識や演習が足りていないという面でも隙は合否に直結しますが、

自分は「ここに行く!」という自信と覚悟がない心の隙も同様です。

合格できないだろうと思っているならきっと合格できないので、その対策は自分を苦しめるだけです。

なにがあろうと自分の合格に自信を持ち続けてください。

合格できると信じ、合格に必要なことを着実にこなしてください。

応援しています!

明日のブログは、いつもためになったり感動したりするブログを書いてくれる鈴木優子担任助手です!お楽しみに!

 

新年度特別招待講習申込受付中!

【お申込みは 0120-104-381

市川駅前校までお電話下さい!】

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


 

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


 

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


 

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 前田望那