受験生注目!第一志望校合格のための併願校選び! | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2018年 10月 16日 受験生注目!第一志望校合格のための併願校選び!

みなさん、こんにちは!

早稲田大学教育学部4年

宮野瑛莉果です!

 

最近は大学のともだちと

ラスト早稲田ライフを楽しもうと

ワセメシ

(早稲田周辺のご飯)巡り

をしています☆☆

なんか1年生みたいですね(笑)

早稲田はThe学生の街で

本当に食べきれないほど

お店があります!

まさに食欲の秋!というような

ブログの始まり方ですね。

本題に入っていきます。

 

きょうは

第一志望校合格のための

併願校選び

についてお話します。

 

まず併願校というのは

第一志望校に合格するため

に受験する

ということを

忘れないでください。

(愛する早稲田大学です。

いつ見てもかっこいいすね。笑)

なので

①併願校の対策にどれだけ

時間がかかるのか

②試験日程がいつなのか

の2つが重要です。

 

第一志望校に合格するために

たくさん時間をかけ

演習を繰り返したい

という気持ちはみなさんにも

あると思います。

なので

①併願校の対策にどれだけ

時間がかかるのか

はちゃんと考えましょう。

 

そのためには

1度ちゃんと過去問を

解いてみることが必要です。

過去問を解いてみて

大問ごとにどのようにしたら

合格点を取ることができるのか

分析をしてみましょう。

その時に意識すべきことは

 

・第一志望校の対策をして

学力が上がれば点数が上がるのか

 

・特別その大問を演習する

必要があるのか

 

・特別その大問のために

INPUTする必要があるのか

です。

できれば第一志望校の対策で

補いたいところではあります。

しかしそれでは

合格できない場合もあるので

しっかり見極めていきましょう。

ちなみにわたしの場合は、

どうしても譲れない大学・学部

以外は、

第一志望校の対策で補える

大学・学部を併願校にしました。

 

そして次に

②試験日程がいつなのか

が大切になります。

「何日連続まで受験できますか?」

なんて質問を受けますが

例年受験生を見ていて

2日連続までだと思います。

3日連続も可能ですが

3日目の受験中の集中力は

欠けてしまうことは

不可避です。

何度も受験会場に行く中で

いい意味で

緊張がほぐれますが

慣れすぎて緊張感が

無くなってしまう

場合もあります。

簡単に言えば

飽きですね。

なので

どう受験していくことが

体力的にも精神力的にも

勝ち続けるのか

考える必要があります。

 

以上が簡単ですが

併願校の選び方です。

ですが1つ大切なことを

伝え忘れました。

それは…

自分が4年間通う

ということです。

受験するということは

通う可能性もある

ということです。

アクセスなどはもちろん

その大学・学部で

たくさんの時間を過ごします。

人間は環境で変わります。

なのでいまの自分だけでなく

これからの自分も考えながら

併願校選びをしてみてくださいね!

 

困ったことがあれば

いつでも担任助手に

相談してください☆☆

 

今日もブログを読んでくださり

ありがとうございました。

明日のブログは、

★昭和秀英卒早稲田教育★

というわたしと

同じ道を歩んできた

古川担任助手です!!

おたのしみに!

東進1日体験実施中!

【お申込みは 0120-104-381

市川駅前校までお電話下さい!】

 

**各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績No.1の秘訣を知ろう!★☆★


★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★



***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 宮野瑛莉果