自責にする | 東進ハイスクール市川駅前校|千葉県

ブログ

2020年 3月 10日 自責にする

 

こんにちは!立教大学社会学部メディア社会学科1年の信濃拓実です!

 

今回は、心構えについて書いていきます。受験を終えた人も、これから受験の1.2年生も確認しておくと良いと思います!

結論からいうと、

 

 

自己責任に出来る人は強い

ということです!

「なにかを出来ない時に自分が何を思うか」です。予備校なので勉強にたとえると、週20コマ受講しなければいけないといったときに、「部活が忙しいから」「定期テストがあるから」「復習が追いつかないから」など、出来ないかもしれない理由は沢山あると思います。特に1番多いのは、定期テスト期間に受講を減らすことだと思います。たしかにそれは間違いではなく、事実です。しかし、捉え方としてはあまりよくないかなと思います。

なぜなら、それらの理由は全て「他責」=他のもののせいにしているからです。その捉え方だと言葉の裏返しで「自分は悪くない」と思っています。その場合、自分自身が変わることはなく、成長もないです。

 

 

逆に、あらゆることを自分の責任に出来る人は本当に強いです。何かが出来ないとき、自分が悪いと捉えると、次はこうしようとか変わろうとすることが出来ます。これは、自分は悪くないと思ってる人には決して出来ません。何事も自分のせいにして、自分を変えていこうという姿勢がある人は、行動の量も質も明らかに高くなります。

最も大事なことは行動であるということは、多くの人が言っているのでわかっていると思いますが、こういう内面での捉え方でも行動がしやすくなります。その結果、合格や成功が手に入ると思います。

人や環境に文句を言う前に、「もしかしたら自分に責任があるかもしれない」と捉え直してみてください!どんどん自分自身が成長していきます。

 

 

偉そうに言っている自分も完璧に出来ているわけではありません。全てを自責にして自己研鑽するという考え方はかなりストイックです。大人でもつい他の人の不満などを言ってしまう人がいると思います。

だからこそ学生のうちから意識することで、結果を出せて、信頼される人に近づくことができます。

 

 

自分の責任にする

一見ネガティブに聞こえますが、自分の責任にすることで積極的に自分を変えようとする、とてもプラスな捉え方です。

 

 

一緒に頑張りましょう!

 

新年度特別招待講習申込受付中!

【お申込みは 0120-104-381

市川駅前校までお電話下さい!】

***各種申込は以下のバナーをクリック!***

★☆★現役合格実績の秘訣を知ろう!★☆★


 

★☆★今の自分の位置を知ろう!得意科目・苦手科目を明確にしよう!★☆★


 

★☆★東進の実力講師の授業を1コマ体験!★☆★


 

★☆★君も東進で夢に近づこう!★☆★


 

★☆★志望校、将来の夢、定期試験対策、なんでも相談に乗ります!★☆★


***勉強スペースや校舎イベントの詳細はこちら!***


市川駅前校 担任助手 信濃拓実

最新記事一覧

過去の記事